lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「小田保」でししゃも煮付け、カキフライ。

2月24日(土)、この日はカキフライ気分で小田保さんへ。
 
ホワイトボードが充実する中、群を抜いて目を引くメニューが…
 
最近は結構頻度が多くなっている入口すぐのおひとりテーブルへ。
 
待っているとほどなくして出てきたのは…
 
ししゃも煮付け(600円)。
「煮付け」といっても煮汁はなく、穂紫蘇が添えられた予想外のスタイルで登場。
 
黄金色がまぶしいですね。
 
食べている間は「揚げ浸しみたいな感じか」と思っていて、後で振り返ったら「揚げたのではなくて、干物になったのをサッと煮ただけだったかも…」という気がしてきてしまって。
 
でもこうして写真で振り返ってじっくり見ると、揚げてある感じがしますね。
 
お店の方に確認すればよかった話なのですけれど。
 
身はふっくら。
煮汁は薄味で、ししゃも独特の脂の香りが融け出しています。
 
面白かったですが、焼きを超えるかというと個人的にはNO。
面白かったですけどね!バリエーションとしてはアリ!
 
カキフライ(260円)は2つ。
時期からすると、小田保さんとしてはサイズはやや小振り。
 
一般レベルでいえば相当な貫録ですけどね!
 
2つ分だからか、タルタルをたっぷりにしてくださっているような。
 
ありがたくいただきます。
 
小振りな分、味は濃いのかな?
それぞれ個性があって美味しくいただけますね。
 
そろそろ築地でいただくカキも終わりが見えてきましたかねえ。
後悔のないように、しっかり最後まで堪能して行こうと思います。
 
ごちそうさまでした!

【広告】