lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

荻窪の「ねいろ屋」でひめルビー、煮込みみかんとレアチーズ。

脈絡なく移動してきて、荻窪へ。
ねいろ屋さんにお邪魔します。
 
前回柑橘狙いだったにもかかわらず、メニューの充実っぷりについつい柑橘を食べ逃していたのですよ。
メニューを眺めて「柑橘は1種類かな~」などと思っていたら、珍しく後ろの壁にも気まぐれメニューがあるとご主人に教えていただきました。
 
振り返ると…、おお2種類も!それも両方柑橘!
 
ということで「両方ください!」と食い気味に注文。
 
ひめルビー(1000円)。
ブラッドオレンジの「モロ」と「太田ぽんかん」をかけ合わせた、赤ぽんかんとも呼ばれる愛媛の品種なのだそう。
 
品種名は「エクリーク65」というそう。
親近感。
 
苺とはまた違った「赤」。
 
実は先にお召し上がりの方のが目に入って「今日の苺は変わった色だなあ」と思っていたのですよ。
そう勘違いする程度には、ガッツリ赤です。
 
ねいろ屋さん特有のとろみのある柑橘ソース。
 
これこれ。
 
これをいただきに来たのです。
 
イメージ的には、ピンクグレープフルーツにも近いかも。
それで言うと、酸味はあまり立っておらずビターな甘み推し。
 
グレープフルーツ系の柑橘って、もともと甘みに頼らず魅せる味わいなのでかき氷に合う印象がありますねえ。
いや、これはグレープフルーツではないのでしたね。
 
中までたっぷりソース。
 
愛媛、最高だなあと思ったところで「ひめルビー」の「ひめ」は愛媛の「ひめ」かな?と気が付きました。
 
煮込みみかんとレアチーズ(1000円)。
 
煮込みみかんは通常メニュー、レアチーズソースと相がけでスペシャルメニューになっていました。
 
のぞみみかん、温州みかんをこってり煮込んで、青切りいよかんをブレンド。
 
ひめルビーよりやや甘みが増えて、苦み・酸味はほどほどにして、旨みがしっかりめ。
 
レアチーズソースは、ちょっと乳臭さが目立ってしまいますかね。
乳脂の甘さは飛んでしまっていて、ただただマイルド。
 
煮込みみかん、素晴らしい。
 
ちょっと懐かしさもある味のバランス、すっきりしていて2杯目ですがスルスル進みますね。
 
レアチーズと合わせると、ややみかんが負け気味。
 
個人的には煮込みみかんはストレートでいただきたかったかもしれません。
 
このところねいろ屋さんで2杯いただくと、最後はちょっとお腹いっぱい気味になることもあったのですが(カレーの後のことが多いため)、今回は全く気にならずサラッと食べ切れました(フレンチの後にもかかわらず)。
 
柑橘の軽さですかねえ。
大満足でした。
 
ごちそうさまでした!

【広告】