lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「米花」でつくねのすき煮風芽キャベツ入り、とろろ汁。

3月9日(金)、朝からターレが水上スキーに見えるほどの雨の築地へ。
 
逃げ込むように米花さんに飛び込みます。
 
「降ってる?」
 
降ってます!
 
「結構降ってる?」
 
すごい降ってます!
 
おお!芽キャベツですか~!
 
Jさんも「メ、メ、芽キャベツ~」と歌うように持ってきてくださいました。
 
最近の定番、つくねのすき煮風と一緒に芽キャベツも炊いてありました。
 
芽キャベツを和風の煮物でいただくのは初体験ですねえ。
 
イメージ 9
芯の付け根にザクッと切れ込みを入れてあって、中までしっかり味が浸みていました。
 
火が入ってキャベツの甘みも出て、つくねとの組み合わせで言えばロールキャベツっぽさもありましたね。
 
とろろは「とろろ汁」といっていいのかな?
 
鰹出汁がプンと香ります。
 
出汁はとても強く主張がありますが、ゆるくなりすぎることなくもっちりとしたコシ。
 
のどごしと食べ応えを併せ持った1杯。
 
おかずとしてごはんにかける選択肢もありましたが、温玉を割って醤油をタラリ。
 
椀物ということにして、ズズズといただきました。
サザエさんばりに「カツオ――!!!」と叫びたくなる出汁の効きっぷりでしたよ!
 
お漬物は大根の葉っぱかな?
 
ちょっと珍しい。
 
最後にお味噌汁が出たので、とろろはやっぱりおかずだったのかもしれないし、米花さんなら「ダブル汁もの」も大いにあり得るので、結局結論は決まりかねる今日この頃です。
 
最後はJさんの古着ファッションショー「ジロ・コレ」を楽しみつつ、にぎやかに過ごさせていただきました。
 
雨の中決死の覚悟で突撃してきてよかったです。
ごちそう様でした!

【広告】