lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「米花」でまぐろ・ほたて・赤貝刺し盛り、根菜煮物、芯取り菜。

3月16日(金)、三寒四温どころか1日の中でも大きく気温の変動していたこの頃。
 
暖かくなるだとか雨が降るだとかいうお話ですが、米花さんへ。
 
刺し盛りと根菜煮物。
 
米花さんの定番物コンビですね。
 
刺し盛りはまぐろ、ほたて、赤貝。
 
貝が2種というところが春らしいですね。
 
まぐろはやや筋張った部分。
 
さらっとした脂、ジャキジャキ筋を噛みしめていただきます。
 
ほたてはゴロリまん丸のものが2つ。
 
ゆるゆるのやわらかさですが、さすがに厚みがあるのでさっくり歯切れもよいです。
そして甘く、そして磯が香ります。
 
赤貝。
磯の香りといえばもちろんこちらも負けていません。
 
そして赤貝のイメージからいうと結構甘み寄りの味わい。
食べた餌の結果でしょうかねえ。
 
春のうちに貝の食べ比べ、それも産地の食べ比べなんかしてみたくなりました。
 
根菜煮物。
レンコン、こんにゃく、にんじんですね。
レンコンは繊維と平行にカットしてあるので、ザックザクの食感を楽しめます。
 
使っている油は黄色みを帯びていたのですけど、グレープシードオイルだったりしたのかもしれません。
 
葉っぱは芯取り菜。
粉節をかけてあるだけだったのですけど、お浸しとは呼べないですよねえ。
料理名としては何になるのかな?
 
というわけで、野菜たっぷり、貝も美味しい、さわやかな朝ごはんでした。
ごちそうさまでした!

【広告】