lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

大門の「とんかつ檍(あおき)」で特上ロースかつ。

蒲田のとんかつの名店「とんかつ檍」さんの3店目となるお店が先日、満を持して銀座にオープン。
 
最近話題にあがることが多くなって、すっかりとんかつ気分が高まってしまっておりました。
 
とんかつ檍。
「銀座店ができたから」と言いながら2号店の大門店にやってまいりました。
 
もともとの蒲田のご主人が、大門店ができてからは大門の方にいらっしゃると伺っていましたが、現在は銀座店の方にいらっしゃることが多いようです。
この日の大門店は、少しお若い方が「店長」というバッジを付けていらっしゃいました。
 
GW中ということで「ひれかつ 特上ひれかつ 売り切れました」という貼り紙の他、特上ロースかつも線で消されていて、僕を含め来るお客さんはもれなく「ああ…」とうめき声を上げることに。
 
…と思っていると、開店直前に出てきたお店の方が、
「あ、昨日のままになってた。全部ありま~す」
と線を書き始められて、行列が歓喜の渦に。
 
さて、開店して着席。
 
並んでいるときに注文を確認されているので、比較的早く提供していただけます。
 
檍さんの特徴のひとつである岩塩たち。
 
甘みが強いとか、旨みが強いとか、味を感じるのが早いとかその逆とか。
 
それぞれ違いはありましたが、実際に差を生んでいるのは粒の大きさのような気もしました。
 
何にせよ違いがあって面白いです。
 
単品でお願いしたら皿キャベツをサービスしてくださいました。
 
ありがたやありがたや。
 
というわけで特上ロースかつ(280g)(2000円)。
 
相変わらず圧巻のボリューム、この価格ではちょっと考えられないですねえ。
 
お味噌汁はやっぱり豚汁。
 
濃いめの味噌と、旨みの強い豚の脂。
 
もともと実物なのですけど「立体的に見える」ような感覚。
 
店内に響き続ける揚げの音を時たま裂くように轟く「ザシッ」というとんかつを裁断する雷鳴がたまらないのですよねえ。
 
断面を出すとやっぱり厚みがすごいですね…!
 
イメージから言うとしっかり火の入った断面。
 
身の味はそれほど強くなくて、筋も結構感じるところがありましたかね。
 
ただ脂身が多いので、気になるところを全て水に、もとい、脂に流してくれます。
 
月並みですが、脂甘いです。
 
豚汁は、すんでのところで気が付いたので一味を振って。
豚の脂の甘みが際立つかな?と思いましたが、かけすぎて辛みが際立ちました。
 
次は4号店が出来る頃に銀座店に伺うことになるかもしれませんが、ひれかつなんかにも挑戦したいなあと思いながら、ごちそう様でした!

【広告】