lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「米花」で焼き鳥(つくね・レバー)、しらたき煮(肉・玉ねぎ)。

5月11日(金)、「おはようございま~す」と米花さんを覗くとJさんが「いいよ~」と招き入れてくださいました。
 
と着席したはよかったのですけど、厨房を覗きにいったJさんが「あれ?誰もいねーの」とのこと。
 
こういうときは大抵「ちょっと待っててネ!」と待つことになるのですが、この日はJさんがせっせと用意してくださいました。
 
お新香。
 
この日のラインナップはかぶ、きゅうり、そして茄子。
 
この日は茄子がすごいオーラでした。
 
お味噌汁。
 
お茶。
 
ここまでJさんにせっせとご用意いただいたところでKさんが厨房に戻られまして、お料理が登場。
 
しらたき、牛肉、玉ねぎのすき煮。
 
米花さん定番のおかずですね。
 
冬場は大きなお豆腐がドンと入ったりしますが、最近はしらたきがごっそり入ったパターンが多いですね。
 
玉ねぎの甘みにほだされます。
 
メインは焼き鳥。
この日はつくねとレバーでした。
 
両方タレでしたね。
 
つくね
ゴリゴリのボリュームで、ふわふわの食感。
 
焼きの香ばしさとタレの甘さ。
 
レバーはとろっとした仕上がりで、旨み濃厚。
 
1番先と1番根本にあるハツの、プチッと弾ける食感がまたいいのですよねえ。
 
米花さんらしい、いい朝ごはんでした。
 
正肉もいただきたくなりながら、ごちそう様でした!

【広告】