lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「KOTOBUKIフーズ」でカプリジーゼ・セミ・ロメロ、ケイジェイラ・ナチュラル、フロマジェダフィノア・カンパニエ、ランゴドール。

久しぶりにチーズの記事を。
 
暑くなってきたのでしばらくセミハードばかり買ってしまいそうなところでございます。
 
カプリジーゼ・セミ・ロメロ・ミニ。
スペインの山羊乳を使ったセミハードチーズ。
 
本来大きな四角いチーズですが、これは「ミニ」なので小さなホール。
 
外皮にはぎっしりローズマリーを付けて熟成してあります。
 
酸味と甘みの際立つ山羊乳。
しっとりした舌触りに、ローズマリーがざらざら。
 
さっぱりしつつ濃厚、山羊のチーズの風合いとローズマリーが絶妙に噛み合ったチーズでした。
 
ホールで3,200円/個。
 
イメージ 7
ケイジェイラ・ナチュラル。
ちょっと珍しいポルトガルのチーズ。
 
イメージ 8
牛乳ですが、ちょっと酸味のある味わい。
ソフトな食感で、食べやすいチーズです。
 
6,500円/kgとリーズナブルなのも買いやすいところ。
 
イメージ 9
フロマジェダフィノア・カンパニエ。
白カビチーズであるフロマジェダフィノアのウォッシュバージョン。
 
オレンジ色は、熟成にかかわるリネンス菌由来。
 
イメージ 10
きめ細かくクリーミー、濃厚な味わいが特徴のフロマジェダフィノアに。
 
イメージ 11
塩水ウォッシュの深みが加わって、ハムなんかに近いような旨み。
 
プレーンなフロマジェダフィノワと比べて、そんなに強い変化があるわけではありませんが、全体の印象としては旨み推しのかなり違ったチーズになったような印象でした。
 
少しだけ値段も高めですが、その価値はある8,200円/kgです。
 
見た目的には似たところで、ウォッシュチーズのランゴドール。
 
フランスのウォッシュタイプのチーズですね。
やはり外皮はオレンジ色。
 
外皮は厚めでしっかりしていますが、中はソフト。
 
香りが強く出すぎず、ミルクの味わいをストレートに味わうことのできるチーズですね。
 
外皮は特別強い香りがないので、食感要員という感じも。
 
収まりのいい、食べやすいウォッシュチーズでした。
 
7,400円/kgで、これも比較的リーズナブルですね。
 
最近また、購入したことのないチーズが出たりしていることが増えてきたので、今後も記事にしていければと思います。

【広告】