lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「高はし」で銚子産地きんめ煮付。

続いて高はしさん。
 
何やらこの日は某立ち食いそばチェーンの話題に。
よく存じ上げなかったのであとで調べたのですけど、「創業者が小諸で食べた蕎麦と情景に感激した」とかが名前の由来で、長野県小諸市には店舗すらないようですね。
「魚河岸の雰囲気」と「いつか銀座に出店したい」という願望だけで「築地 銀だこ」を思い出しました。
 
この日は「あったら頼みたくなる」メニューがあったのでそちらを注文。
 
注文から調理が始まりまして…
 
銚子産地きんめ煮付(2500円)。
 
煮汁というより"出汁"と呼びたくなる透明感。
ピンと立ってヒレは飛び立つ鳥のよう。
 
カマの部位ですが、脂乗りというより筋肉質のプリッとした身質が印象的。
 
ヒレの付け根みたいな良く動く部分ってギュッと締まって味が濃くなりますよね。
 
皮目下の脂から金目特有の香りが強く出ていいですね。
 
高はしさんの煮付けはまた芽ネギがよく合うのですよねえ。
 
メニューにあるときは注文することの多いきんめですが、移転までにあと何度いただけますかね。
 
お寿司には稲取産、煮付けには銚子産が良いと伺った記憶がありますが、最高峰のきんめ煮付けをいただくことが出来た気がします。
 
ごちそう様でした!

【広告】