lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

荻窪の「吉田カレー」で甘口(キーマ、キャベツ太郎、中華アチャール)。

お昼は久しぶりの吉田カレーさんへ。
 
少し到着が遅れて前から2番目でしたが、僕が並んだ後くらいからグングン行列が延びました。
 
久しぶりに吉田カレーさんのスパイス欲が高まっていたのと同時に、少し前から始まっていた新トッピングが気になっていたのですよね。
 
並んでいる間に考えてあった通りに注文。
 
注文からほぼ待たずに登場。
 
この日は、甘口(ご飯なし、キーマ、中華アチャール、キャベツ太郎)(1500円)です。
 
手前にキーマ、奥に中華アチャール、キャベツ太郎の配置。
 
トッピングの組み合わせは無数にあるのですけど、ご主人はいつも迷いなく盛り付けていらっしゃいます。
どの程度決めてあるものなのでしょうかねえ。
 
さて、さっそくいただきます。
 
こちらが新トッピングのキャベツ太郎。
正体はキャベツのアチャールなのだそうです。
 
先入観もあるかもしれませんが、本当にキャベツ太郎っぽい風味にも感じられて面白いです。
キャベツ太郎は「ソース味」ですが、ソースって野菜や香辛料の香りがありますからねえ。
 
僕が伺ったすぐ後に、中華アチャールはしばらくお休みに入って、キャベツ太郎のレギュラー化が決まったようです。
 
中華アチャールがなくなるのは寂しいですが、キャベツ太郎の注文は基本オーダーにしてしまうと思います。
 
個人的には「キーマ卵黄なしで」と注文してしまうことが多いのですが、今回はデフォルトでお願いしてみました。
やはり映えますね。
 
ちなみに、キーマの内容がよく分からずに勘違いしてキーマに加えて温玉を注文されるお客さんが結構いらっしゃるようですが、その場合卵黄&温玉のW玉子になってしまうので、ご注意くださいませ。
 
その卵黄を割りまして、カレーソースと馴染んでしまう前にササッとひとすくい。
 
この輝き。
 
キーマという名前ですが、イメージとしては肉味噌っぽい感じなので、卵黄と合わせたら卵かけご飯に肉味噌を乗せたような。
 
この日のカレーソースは食物繊維っぽさが印象的に感じられた気がしました。
やっぱりお子ちゃまな舌なので、甘口が最も安定して美味しくいただけています。
次は"豚"かな!と思案しながら、ごちそう様でした!

【広告】