lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「米花」でまぐろと青柳のぬた、米茄子田楽。

6月29日(金)、訳あって一晩中走り回った夜が明けて、築地へ。
 
お腹が空きすぎて、最初に食べるのはお新香しか考えられないような心境だったので、米花さんへ。
 
物議を醸したW杯ポーランド戦のボール回しなどで、物議しながらお料理を待ちます。
 
まず出てきたのは、茄子田楽とお新香!
 
お新香!出て来ました!
待ってました!
 
お新香をぽりぽりかじって落ち着いたところで、茄子田楽へ。
 
油が入って、とろりととけて甘みの増した茄子に、自家製の肉味噌。
 
この肉味噌がまた、実山椒がギラギラ効いていて、瞬く間に舌が痺れました。
 
このほのかにピンクに色付いたご飯は…!タコ飯!!
 
結構久しぶりにいただいた気がします。
 
タコの旨みが全体によく回って、薄味なのが却ってよいですねえ。
 
強めの肉味噌の茄子田楽ともよく合いました。
 
タコ飯と茄子田楽で満足していたら、メインはまだだったようです。
 
これでひと揃い。
 
まぐろと青柳のぬた。
 
まぐろは赤身と中トロの2種。
中トロは湯霜になっていました。
 
とろけてミルキーな甘みの中トロ。
 
辛子酢味噌はかなり辛めで、まぐろの脂と青柳の甘みに救われながら食べ進めます。
赤身も深い旨みがあって、それ自体美味しいまぐろでしたが、辛子酢味噌が辛かったです。
 
お味噌汁は珍しくしじみ。
賛否分かれるところですが、僕はちまちまと身をほじくって全部食べ尽くす系男子です。
 
というわけで、お新香でさっぱり!どころか山椒と辛子で目の醒めるような朝ごはんになりました。
ごちそう様でした!

【広告】