lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「小田保 築地魚河岸店」でまぐろ尾の身、あら煮、刺身盛り合わせ、かき揚げ、豚しゃぶサラダ。

この日はお誘いいただいていた夜の築地魚河岸・小田保さんへ。
 
去年9月に夜営業を開始されてから、行こう行こうと思いつつようやくの初訪問となりました。
 
10人超の大所帯でしたが、築地にこうした大人数で気軽に使えるお店ができたのはありがたいですね。
 
ただ、知らないと来ない場所にあるので集客は芳しくないような気も。
客の側からすると穴場として使えて助かるのですけど。
 
僕は例によってウーロン茶を注文。
 
みなさんには「じゃんけんハイボール」なるメニューが人気で、勝てば無料だそうで大盛り上がりでしたね。
 
まずどーんと出てきたのは、色々な魚のアラ煮。
 
かんぱちっぽいものや、鯛っぽいもの。
「とりあえずサッと出るもの」くらいのノリでこれが出る辺りが築地の居酒屋っぽくていいですねえ。
 
刺し盛りは、期待していた反面、これがダメだったら…と不安にも感じていたのですよね。
 
まぐろ赤身、中トロはそれぞれに品のいい旨みがあってひと安心。
1番グッときたのは青鯛で、ビーフジャーキーをも思わせる深みのある熟成とか燻製にも近い濃密な旨みでした。
 
他にホタテ、トリ貝、ミル貝、鯵、キビナゴ、のどぐろ、かつお、かんぱち、水蛸などなど。
ホタテも大きくて甘くて、その辺で食べるものとはまるで違いました。
 
(写真は4人前)。
 
まぐろ尾の身。
ステーキというよりはグリルなのかな?
 
尾の身は、一時場内店で準レギュラーメニューになっていたこともありましたね。
食べやすいように切り分けていただいたら、なんだか多くなったように見えますがきっと気のせいです。
 
ぶりんぶりんのコラーゲン質もあり、引き締まって脂の抜けた身もあり。
まぐろの様々な側面を味わえる部位ですね。
 
のっけからあら煮だったり、先ほどの尾の身だったり、ヘビー級が続いたので小休止。
 
豚しゃぶサラダで落ち着きます。
 
最後は大きなかき揚げ。
三つ葉とか玉ねぎとか。
イメージしていたより軽い火入れでした。
 
というわけで、無事に初夜小田保を果たせました。
とにもかくにも、お刺身がその辺の居酒屋とは別格なので、安心して使うことができるお店だと思いました。
 
そして何より、この日は終始大変楽しく過ごすことができました。
ご一緒いただいた皆様に感謝申し上げて、〆の言葉とさせていただきます。

【広告】