lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「高はし」で新さんま塩焼。

続いて高はしさんへ。
 
この日は秋の風物詩があると聞いて楽しみにしていたのですよね。
 
メニューを確認して…あるある!
 
「今日は…」と聞かれるのに食い気味で注文。
 
新さんま塩焼(2500円)。
ここ数年不漁が続き、少しでも脂の乗ったものに出会えなかった秋刀魚。
 
今年はNHKのトップニュースになるほどの豊漁で、数が獲れるだけでなく「モノがいい」と伺って楽しみにしていたのですよね。
 
今回は11入り。
 
かつて高はしさんでは19、18入りくらいの巨大秋刀魚をお使いでしたので、それと比較するなら22入りに当たるサイズですね。
昔に比べると…というところではありますが、お味やいかに!
 
※秋刀魚のサイズ「○○入り」という表記については記事末に
 
黒く、深く焼き切る高はしさんの魚の塩焼きにあって、その極みを見せるのがこの新さんま塩焼。
 
「嫌なら頼まないでくれ」
というのが3代目の姿勢。
 
こだわりのよく焼きです。
 
脂をしっかり落としつつ、肝を美味く食べさせる狙いなのだそうです。
 
肝は甘く、肝にまとわり脂の層は厚くぷちゅっと弾けます。
 
よかった時代を彷彿とさせる、しっかり脂の乗った秋刀魚でした。
ニュースになるのも納得できる、久々に魅力のある秋刀魚が揚がっていると実感できました。
 
だからといって獲りすぎない方がいいとは思うのですけどね。
難しいところです。
 
ごちそう様でした!

【広告】