lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

食べ歩きの記録です。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地場内名物・落とし物掲示板を見納めしてきた話。

こんばんは。
 
夜分に失礼します。
 
本日仕事を終えて帰ろうかというときに、ちょうどテレビに築地市場が映っていたのですよね。
 
なんでも、築地市場が営業を終えてからまだ10日そこそこの本日10月17日20時をもって、場内への立ち入りが全面禁止されて解体工事が本格化するのだとか。
 
まあもう戻るものでもありませんし、行ったから何ということもないのですけど、目にしてしまったのも何かの縁ということで見納めに行ってまいりました。
 
 
これから全面立ち入り禁止になる、とはいっても既に関係者以外は立ち入り禁止になっています。
 
「警察に通報」なんて物騒な張り紙。
まさか、許可なく立ち入って中で営業してやろうなんて猛者がいらっしゃったなんてことは、ありませんよねえ。まさかねえ。
 
まず正門側です。
 
 
テレビの中継でしょうか。
 
リハっぽいことをなさっていたと思います。
 
 
照明が明るくて、車やターレの出入りもあるので、遠目に見ると最後まで現役感があります。
 
 
駅の方に少し戻って、市場橋門。
個人的にはここから入ることが最も多かったので郷愁があります。
 
郷愁はありますが、魚臭はありません。
 
いつもこの辺りから魚のにおいがし始めて、食欲を刺激されたのを思い出します。
 
風に乗って少し魚のにおいがしたかもしれませんが、場外市場がまだまだ賑わっているからかも。
 
 
場外を通り抜けて、波除神社が煌々と。
 
 
その提灯の照らす先に、海幸橋門。
 
こちらはほとんど中の様子を見ることができませんでした。
 
商業施設「築地魚河岸」がありますから、この辺りはまたお世話になるかもしれません。
 
さあ、帰ろうかと思ったのですが、ふと拾得物掲示板のことを思い出しました。
これは営業最終日10月6日の掲示板。 
 
最後に何が落ちていたんだろう。
 
きれいさっぱり何も落ちていなかった?
落ちていたものは全部ゴミにしてしまったかもしれない。
 
それとも餞別に大トロでも遺していったとか?
「ターレ」なんていうのもあるかもしれない。
 
想像を膨らませながら拾得物掲示板のある正門に戻ると…
 
 
まだ何やら撮影中か、リハ中か。
 
中継に映り込まないように恐る恐る覗きこみました。
 
それが、これ!
 
 
み、、見えぬ……。
 
何か書いてあることは分かるのですけど、iPhoneのカメラも、肉眼も限界を超えていて判別はできず。
 
無理に近付いて警備員に止められるところが生中継のカメラに映り込もうものなら、場内市場どころか豊洲まで立ち入り禁止になりかねない…という妙なプライドで踏み込んだブレーキが邪魔をします。
 
 
落とし物は2つ
1つは1文字で、もう1つは4文字
多分すべて漢字。
 
何だったんだろう。
 
鮪?鮨?
箱入雲丹?焼売半個?
 
写真はイメージ。
 
答えは分からずじまいだな、と駅に向かってきつねやの前辺りまで来たところで気が付きました。
 
今日…コンデジがカバンに入っているはずだ。
 
ゴソゴソとカバンを漁ると、ありました!
 
写真は自宅近くで再現したイメージ。 
 
コンデジなら、あるいは…いやきっと…!
 
はやる気持ちを抑え、リハ中のみなさんは完全にスルーしてカメラのレンズをそっと拾得物掲示板へ…
 
 
ぶ、ぶれた…もう一回……!
 
 
 
 
10/13  10/15
  鍵        自
             動
             車
             鍵
 
ふ、ふつうじゃねえか……。
 
いやいや。
 
個人的には、無事に確認することができたということで結構達成感があって満足はしましたが、無理やり収穫めいた結論にするなら、
 
もう落し物も普通になってしまった、と。
魚のにおいが漂い、小型運搬車のターレが無秩序に行き交う。
「ここも一夜にして築地市場になったな」。午前5時前、すしネタなどを専門とする仲卸の社長(78)がつぶやいた。
そりゃあ向こうに築地を感じるわけだ、と。 
 
もちろん歴史や思い出、感謝の気持ちの類はいつまでも残る、と信じて止まないところではございますが、「鍵」「自動車鍵」の5文字に「移転」というものの事務的ではない何かの移動を感じたような気がいたしました。
 
(誤解のないように申し添えますが、今後も場外には毎週通います。)
 
イメージ 15
 
というわけで場内に入ることはできなかったわけですが、最後に場外市場から最も遠いこの正門前で深めに深呼吸をして、場内の空気だけ吸いこんできました。
 
やっぱり魚のにおいはしませんでした。

【広告】