lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

食べ歩きの記録です。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

豊洲の「八千代」でチャーシューエッグ、筑前煮。

12月22日(土)、この日は早い回の映画を観る予定だったので、朝ごはんはサクッといただきます。
 
というわけで早くからオープンしている八千代さんへ。
 
ひとりで伺うと基本的にカウンターに通されますが、この日はカウンターが埋まっていたので初めてのテーブル席へ。
 
テーブル席は割り箸が縦。(違
 
日によって内容の違う煮物。
 
この日は筑前煮でした。
 
料理にパンチのある八千代さんのイメージに反して、軽い味わい。
 
鶏肉、椎茸、油揚げが特にいい味で印象に残りました。
 
チャーシューエッグ。
豊洲初訪問時にいただいて以来久しぶりに注文。
 
相変わらずのボリュームと迫力です。
 
今回はチャーシュー3枚がひとつの黄身に全体重をかけていて、ものすごい圧迫感のある盛り付けになっています。
 
ぱつんぱつんです。
 
もう笑ってしまいそうなくらいギリギリの状態になっています。
 
この状態と関係があるか分かりませんが、八千代さんはチャーシューエッグを名物にしていらっしゃるだけあって、ちゃんといい卵をお使いのようなのですよね。
 
この厚みですから肉の風味がしっかり出ますし、仕上げにかけるタレが強い味ですが、卵黄の濃厚なコクで丸め込まれます。
 
雑然とドシャッと盛り付けられるチャーシューですが、八千代さんのお料理は安定感があるのですよね。
たまに無性にいただきたくなるチャーシューエッグ、今回も大満足でごちそう様でした!

【広告】