lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

食べ歩きの記録です。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

笹塚の「手しごと酒場食堂shiHOMEshi」で目玉焼きハンバーグ、あじフライ、野菜おばんざい盛、黒豆のアイス。

笹塚に移動して、この日のお目当てのお店へ。
 
やってきたのは、2度目の訪問になる「手しごと酒場食堂shiHOMEshi」さんです。
前回いただいてほっこりした自家製黒烏龍茶で、まずほっこり。
 
店主さんがテキパキと準備されているところを、カウンター越しに話しかけてお邪魔しながらのんびり待ちます。
 
今回訪問したのは、残念ながら1月いっぱいで一旦お店を閉められると伺っていたからなのですよね。
 
また他で始めるお考えもあるようなので、期待して待ちたいところです。
行きやすいところだったらいいな。
 
野菜のおばんざい盛。
前回もいただいた定番から。
 
キャロットラペ
きのこマリネ
れんこん南蛮
サラダ人参ドレッシング
もやしナムル
クリームチーズ西京味噌漬け
春菊胡麻和え
大豆とひじきと大根の和え物
 
れんこん南蛮、きのこのマリネ辺りは前回もいただいたのですけど、酸味や油っ気使いのメリハリが効いて、単調にならず、かといって尖った感じにもならず。
バランスが絶妙なのですよね。
 
クリームチーズの味噌漬けは、味噌の甘みがお皿の中では光る存在に。
 
お豆も、食感がアクセントになっていました。
穏やかな盛り合わせの中ですと、些細なことに幸せを感じます。
 
胡麻和えも春菊なところがニクい。
 
メニュー名通りお野菜たっぷりなのはもちろん、彩りよく、目にも大満足な1皿でした。
 
あじフライ。
ソース、醤油、わさび、辛子。
 
店主さん自ら豊洲で仕入れてきた「鯖みたいに大きい」という鯵を3枚におろしてフライに。
もう「豊洲直送」という言い方になるんだなあ、と違った方向でしみじみ。
 
ミチミチと丁寧に付いた衣。
骨から外して揚げているので身が縮んでいると思いますが、それでこのサイズですからなかなかですね。
 
「醤油派ですか?ソース派ですか?」
と聞かれて、煮え切らない返事をしたからか、両方お出しいただけました。
わさびというのは珍しい気も。
 
おお!肉厚!
市場で初めてアジフライを食べたときの記憶が蘇るような、世にいうソレとは別次元の1品です。
 
ふかふかな食感、鯵自体の香りが抜群。
さらにいうと、市場のアジフライより下味の塩気が抑えめで個人的にはとても好みでした。
 
目玉焼きハンバーグ。
 
最初にメニューを見ながら「あじフライ」をメインに注文をひと通り済ませた後で、
「そういえばメニューにないけど、今日はハンバーグがあります。まあ今日はあじフライでいいですよね」
と煽ってくる商売上手にやられました。
 
「1月いっぱいで閉める」という背景もここで効いてきましたね。
 
いやしかしでも、これは注文して正解だったと思わされるビジュアル。
 
以前店主さんが「パセリは添え物にするのはもったいない」といったようなことを力説していらっしゃった記憶がありますが、この散らしてあるパセリもとても目に鮮やか。
味がちゃんとしていました。
 
最後はオーブン仕上げで、ぷっくりよく膨らんでいます。
 
目玉焼きの帽子がよくお似合い。
 
ひとトラブルあったせいか、僕が写真を撮るのに時間をかけすぎたのか、目玉焼きが半熟ではなかったのはイレギュラーだったでしょうか。
でもこれ、卵黄もとても味濃くて美味しかったです。
 
合い挽き肉に、人参のみじん切りなどチラリと覗く、家庭的なところも感じるやさしさ溢れるハンバーグでした。
 
食後にはチャイもいただくことに。
 
マサラはインドのものとタイのものから選べて、普通にインドでお願いしようと思いきや、タイの方の思い入れを語られてしまったのでそちらに変更。
 
「結構生姜。ほとんど生姜なのかも」とおっしゃっていましたが、本当にそんな感じ。
 
子どもの頃から飲み慣れた飲み物に「ジンジャーミルクティー」なるものがあるのですが、それを彷彿とさせるドリンクでした。
個人的にはとても懐かしかったです。
 
お店の雰囲気、お料理にも"自家製のチャイ"って合っていた気がします。
本来はお酒を飲むべきなのでしょうけど。
 
前回に続いていただくことにしたデザートのアイス、今回は黒豆でした。
 
おせち用に仕入れた高級な黒豆が残ってしまった分なのだそうで、
「アイスにしていいようなものではないんです」
とのこと。
 
ありがたくいただきましょう。
 
黒豆のアイスって初めていただく気がしますが、独特の香りと甘さとの相性は言わずもがな。
 
キラーコンテンツにさえなりかねない可能性を秘めた1品のように感じました。
とても美味しかったです。
 
というわけで、たった2度の訪問でしたが、閉店が惜しくてならない素敵なお店でした。
ポジティブな理由の"ひと休み"のようなので、今後のご健勝を祈りたいと思います。
 
ごちそう様でした!
素敵な夕飯をありがとうございました~!

【広告】