lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

食べ歩きの記録です。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

豊洲の「天ぷら愛養」で椿(ワカサギ、牡蠣、フキノトウ、タラの芽他)。

この週の月曜日から「愛養」さんが天ぷら屋さんとして再出発されたと伺って、様子見に伺ってみることに。
天ぷら愛養。
オレンジの暖簾が印象的ですね。
 
天ぷらのコースは上から椿(7000円)、梅(5000円)、竹(3000円)。
 
天丼は上天丼(2500円)と普通の天丼が(2000円)。
天丼の内容に「冷凍海老」とあるのは、オーナーである仲卸の女将さんが、
「明示しないで冷凍モノを出す店は許せない」
という持論をお持ちだそうで、そのまっすぐな意志によるものなのかもしれません。
 
大将は佃でお店をやられていたというベテランの男性。
 
最初は強面な方かと思いましたが、お話していると愛嬌と、天ぷらへの愛情の感じられる方でした。
 
お茶は築地「愛養」さんからおなじみのKさんの手で。
 
これだけで幸せ。
 
まずは車海老2尾。
 
目方は気持ち大きめなような?
 
添えられた香ばしい頭と交互にいただきます。
 
イメージ 23
衣はこんな具合。
やや厚めにも思いましたが、口に含むとツァクッと軽い食感。
 
身の香りの強いいい海老。
 
鱚、タラの芽。
 
魚1品目と野菜1品目。
 
鱚は開いて閉じて揚げてあります。
 
「開いてしまうと身が薄くなって、食感も香りも弱くなってしまう」という大将の説明がよく分かる、フッカフカで旨みのくっきりした鱚でした。
 
タラの芽。
 
浅い火入れで、ジューシー。
 
ワカサギ、まいたけ。
 
魚2品目、野菜2品目。
 
ワカサギ。
 
お腹に卵がパンパン。
 
まいたけ。
 
キノコってこんなに水分があるのか!と驚くほどのジューシーさ。
 
牡蠣。
 
魚3品目。
 
衣の中で蒸されてじっくり火が入った身は、あまり縮んでおらず「ぶるんぶるん」とすごい弾力。
 
「正直カキフライよりも牡蠣に合っていると思っています」
とご主人。
 
確かに食感といい、香りといい、牡蠣の良さがストレートに感じられました。
 
ふきのとう。
 
野菜3品目。
 
この日1番印象に残ったのはこちら。
やや水分が抜けたような仕上がりですが、口に入れると蘇ったように香りが炸裂。
お店を出た後まではっきり記憶に香りが残る力強さでした。
 
穴子。
「これ以上大きいと、大味になってしまうんですよ」ということで、50gのメソをお使いだとおっしゃっていたような。
 
揚げ上がりをお箸でザクッと割って目の前へ。
 
波打つ身に軽い衣がギュッと詰まって詰まって、ザクッと強い食感に。
 
噛み砕いた中から、なるほど確かに穴子の風味、旨みがズバッと立ち上ります。
 
ハス。
 
野菜4品。
 
水分が抜けてギュッと詰まった質感。
ガシッとした中にもちょっとモチッとした感覚もあって、ほのかにお芋系の甘みを感じます。
 
かき揚げ。
天茶にも出来るようですが、僕はかき揚げママでいただきました。
 
小海老入り。
 
全体を支配するのは玉ねぎと、それから三つ葉の香り。
 
本当は椿のコースでは小柱のかき揚げを出したいという思いもあるとのことで、今後の変化に期待したいところです。
赤出汁のお椀。
知り合いばかりの貸し切り状態だったこともあって、食後はのんびりお話することができました。
 
まだオープン間もないため、機具にもなかなか慣れず、調理は手探りなのだとか。
 
ちなみに申し上げると、この日は椿コースの「野菜5品」が4品しか出て来なかったので、まだいっぱいいっぱいなのだろうなあとは思いました。
 
雰囲気はいいですし、旬のものも豊富にいただけるので、季節ごとに伺うと楽しめるお店かもしれません。
ごちそう様でした!

【広告】