lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

食べ歩きの記録です。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

清澄白河の「il tram」で6月のコース(美明豚肩ロースのロースト アジアーゴのソース、白インゲン豆のタリオリーニ ボッタルガ、ビーツのラビオリ、ラッキーローリングカマス、トマトと梅の冷たいスープ)。)。

そして6月の「イルトラム」さんへ。

 

今月は久しぶりにお昼にやってきました。

 

f:id:lockandgo65:20190715033001j:plain

この日は雨降りだったこともあってやや暗め。

 

それでもディナーに比べると、随分明るいですね。

 

f:id:lockandgo65:20190715032957j:plain

今月から夏の定番・トマトと梅のズッパが始まりました。

 

トマトと梅の冷製スープに、甘いトマトのソルベ、ダイスカットの大根。

 

f:id:lockandgo65:20190715032954j:plain

これ大好物なのですよね。

トマトも旨みは強い野菜ですが、それを遥かに上回る梅の旨み。

 

何でも自分で作りたくなるシェフのことですから、なんとこれに使う梅干しも青梅から仕込んでいるのだそう。

 

f:id:lockandgo65:20190715032950j:plain

こちらはもちろん自家製のフォカッチャ。

 

f:id:lockandgo65:20190715032945j:plain

「ずんだ餅です」という冗談と一緒に出されたのはブッラータ。

ソースはグリーンアスパラ。

 

春のメニュー「グリーンアスパラのグリル」は先月までで終了しましたが、まだ美味しいアスパラが出ているため使うことにしたそうです。

 

f:id:lockandgo65:20190715032942j:plain

アスパラのイメージからいうと、香りはやや抑えめにも思いますが、ブッラータを活かすソースとしてはちょうどいいのかも。

 

ローストしたアーモンドで香ばしさが加わります。

 

f:id:lockandgo65:20190715032939j:plain

お皿かわいい。

 

f:id:lockandgo65:20190715032935j:plain

チコリの1時間ロースト。

 

こちらは先日から専用のお皿での提供になっています。

通称「岩」。

 

f:id:lockandgo65:20190715032931j:plain

焼き色は浅めの綺麗な色。

 

水分をたっぷり含んだみずみずしいチコリでした。

こういうときは松の実の香ばしさが活きます。

 

f:id:lockandgo65:20190715032926j:plain

前月に続いてカマスのロートロ、トウモロコシのソース。

 

甘い甘いトウモロコシはペースト状のソースと粒のダブル使い。

 

f:id:lockandgo65:20190715032923j:plain

この日はお魚屋さんが間違えてひと回り大きなカマスを持ってきてしまったそうで、「ラッキーローリングカマスです」との説明がありました。

 

分厚い身に溢れんばかりの脂。

添えられたハーブをたっぷりかけて爽やかにいただきました。

 

f:id:lockandgo65:20190715032920j:plain

まずはショートパスタ、今月は鴨のラビオリにビーツのソースです。

 

ときどき登場するソースですが、何度見てもあざやかな色。

 

f:id:lockandgo65:20190715032917j:plain

ラビオリが深紅に染まっていたのでパスタ自体にもビーツが練り込んであるのかと思いましたが、確認したらそういうわけではなさそうでした。

 

ソースの色が濃いのですよね。

 

f:id:lockandgo65:20190715032913j:plain

肉の味の濃い鴨に、甘いビーツのソース。

華のある味わいでした。

 

f:id:lockandgo65:20190715032910j:plain

ロングパスタはタリオリーニに白いんげん豆のソース。

 

タリオリーニは、卵を練り込んだモチモチ麺ですね。

 

f:id:lockandgo65:20190715032907j:plain

白いんげん豆のソースは、ざらりとした質感と素朴な香り。

塩気の鮮烈なボッタルガが濃厚に絡みます。

 

f:id:lockandgo65:20190715032904j:plain

この日のお肉(店内全員分)が焼き上がったところを見せていただきまして、

 

f:id:lockandgo65:20190715032901j:plain

まずはお肉だけ提供。

 

お肉は最近定番の美明豚、部位は肩ロースだそうです。

 

f:id:lockandgo65:20190715033012j:plain

「ちょっとずるいんですけど…」とシェフがかけてくださったのはチーズのソース。

 

イタリアのアジアーゴというチーズだそうで、ざらざらした舌触りに香りもしっかりめ。

「びっくりドンキーを意識しました」とのことで、向こうはもっとチーズが多かったかも…と気にしていらっしゃいました。

 

f:id:lockandgo65:20190715033009j:plain

分厚いカットのお肉に、どろっと濃厚なソースが絡みます。

 

「追いチーズも可能です」とのことでした。

 

f:id:lockandgo65:20190715033005j:plain

じゃきじゃき歯応えのいいお肉の味もソースに負けず、ジューシーな肉汁が炸裂していました。

 

今月も、彩りだけでなく、味わいや印象自体どれも鮮やかなお皿ばかりでした。

大満足で、ごちそう様でした!

【広告】