lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

食べ歩きの記録です。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

代官山の「イルプルーシュルラセーヌ」で紅茶のビュッシュ、さつまいものオペラ。

3月に静岡へ行った際に現地のイルプル系のお店を調べまくった結果、SNSのレコメンドが「イルプルーシュルラセーヌ」さんの常連のみなさんの投稿で埋まるようになってしまったので、我慢できずに久々の代官山に馳せ参じた次第でした。

お目当てだった大定番のお菓子は売り切れていましたが、その場で気になった2品を購入しました。

f:id:lockandgo65:20240603213828j:image

紅茶のビュッシュ。

このお店といえばビュッシュは食べたいと思っていたので、こちらが残っていて助かりました。

f:id:lockandgo65:20240603213816j:image

紅茶のビスキュイ・キュイエール、紅茶とウイスキーのババロア、ペック社のミルクチョコレートと紅茶のシャンティイショコラ。

全体に紅茶の香りを漂わせながら、中心のババロアのウイスキーがかなりビビッド。
f:id:lockandgo65:20240603213825j:image

ウイスキーの強い味にピントが合い始めると、今度はビスキュイ・キュイエールの素朴さや、ショコラのやわらかく伸びやかな甘みが強調して感じられるようなところがあります。

紅茶を軸にしつつ、複数の味が主役となって輪郭のはっきりした目立ち方をしているのが印象的な1品でした。
f:id:lockandgo65:20240603213819j:image

さつまいものオペラ。

トラディショナルなお菓子をさつまいもでアレンジした1品です。
f:id:lockandgo65:20240603213813j:image

さつまいも入りのビスキュイ・ジョコンド、クレーム・オブール、ジャンドゥージャのガナッシュを重ね、トップにはショコラとシナモンのヌガー。

比較的味の濃いパーツが重なっていますが、さつまいもの甘みの特徴的な香りが前に出て感じられます。
f:id:lockandgo65:20240603213822j:image

焼き芋っぽいイメージかと思いきやそれはそうでもなかったのですけど、チョコレート菓子寄りで成立しつつもさつまいもがメインになっている面白い味のバランスでした。

2品とも大変素晴らしく、ひと口ひと口感激ひとしおでいただきました。

今回食べ逃したお菓子も含め、また遠くない未来にリベンジしたいなと思いつつごちそうしでした!

幡ヶ谷の「kasiki」でミントとサンブーカのアイス/キウイのスープ ニゲラの香り。

月替わりのアイスとスープのメニューをいただきに幡ヶ谷「kasiki」さんへ。

この日は店内満席だったので、外の路面に面したベンチ席に案内していただきました。

通りがかりの方に1人でアイスを食べている姿を見られる恥じらいみたいなものは気にならないメンタルになって久しいですが、おしゃれな外観を撮影したい他のお客さんには申し訳なく思う「人」の心は残っているのでササッと食べてしまうことにします。

f:id:lockandgo65:20240531070655j:image

ミントとサンブーカのアイス/キウイのスープ ニゲラの香り。

サンブーカはアニス風味のリキュール、ニゲラは別名「ブラッククミン」とも呼ばれるハーブ。f:id:lockandgo65:20240531070652j:image

アイスはミントの風味が濃く感じられて、サンブーカはアニス風味を加えるというよりは後口の清涼感を強めているくらいのバランス感です。

ちょっと粉っぽさを感じるというか、カシッと素朴な質感に仕上がっていました。

f:id:lockandgo65:20240531070658j:image

スープは見た目に分かる通り、濃厚なキウイ。

よく熟したキウイを崩しました程度の果肉っぽさが残っていました。

キウイの味の尖ったところは爽やかな方向に上手いこと調整されて、特徴的な香りが効果的に引き出されたスープでした。

もう夏をほのめかされているように爽やかさを漂わせた1皿で、これからひと月ずつ夏本番に近付いていったらどんなメニューになるのだろうと楽しみに思いつつ、ごちそう様でした!

代官山の「it COFFEE」でキャロットケーキ、カフェラテ。

先日キャロットケーキ好きの知人に教わったキャロケ(そう教わった)をいただきに、代官山の「it COFFEE」さんへ。

店内満席で少し店前の椅子に座って待ちましたが、無事に店内に入ることができました。

f:id:lockandgo65:20240531070519j:image

キャロットケーキ、カフェラテ。f:id:lockandgo65:20240531070534j:image

カフェラテ。

ネットでリサーチしていたら、「it COFFEEでお出ししているコーヒーは、福岡のREC COFFEEから受け継いだコーヒー豆とそのノウハウをできるだけ壊さずに提供しています」という記述を見つけました。

渋谷の「コーヒーハウスニシヤ」さんの跡地に入った「REC COFFEE」さんでしょうか。

ミルクの甘みが強めかと思いきや、後味にどっしりビターな味わいの残る1杯でした。
f:id:lockandgo65:20240531070525j:image

キャロットケーキはカップケーキ型。

比較的サイズがあるので、相対的には食べている間にフロスティングがやや足りなくなるバランス感に感じました。
f:id:lockandgo65:20240531070528j:image

食べようとして真っ先に気付く特徴は、どこからフォークを刺しても刺しきれないくらい大粒のくるみがゴロゴロ入っていること。

キャロットケーキ好きの中でも、くるみ派閥の方に支持されそうな1品でした。
f:id:lockandgo65:20240531070531j:image

少し席間が狭いと聞いていて、確かにとは思ったものの、この日はひとりで誰と会話をすることなく過ごしたので特に気にならずにごちそう様でした!

【広告】