lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

食べ歩きの記録です。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

下北沢の「夜パフェ専門店 Vigo」で千寿菊-マリーゴールド-、蒲公英-ダンデライオン-。

以前北海道への旅行を考えていた際に夜パフェというジャンルが気になっていましたが、下北沢に専門店ができたと知って早速行ってみることに。

お店は「夜パフェ専門店 Vigo」さん。

元は千葉県の流山おおたかの森にできたお店で、現在は都内でも下北沢の他に蔵前にも支店を出されているようです。

f:id:lockandgo65:20240627155944j:image

ドリンクは、ばら花冠茶をチョイス。

見た目も華のある、ばらの香りのするお茶です。f:id:lockandgo65:20240627155928j:image

パフェは季節替わりで4種類ありましたが、まずはオレンジの夜パフェ・千寿菊-マリーゴールド-をいただきます。

カウンターは、照明の位置的に逆光っぽくなってしまうため、写真はだいたいこんな感じです。
f:id:lockandgo65:20240627155936j:image

マリーゴールドをイメージしたオレンジのパフェとのこと。

要素がかなり多くて、紹介の通り書き連ねると、ローズマリー、グリュエドカカオ、パッションチュイール、マンゴーレアチーズクリーム、オレンジとアプリコットのパウンドケーキ、フィユタージュ、オレンジチュイール、ピンクペッパー、チョコレートアイス、オレンジ、ピンクグレープフルーツ、ブラッドオレンジジュレ、アールグレイクリーム。

f:id:lockandgo65:20240629043748j:image

まず食べ初めに印象的なのは、トップのオレンジとアプリコットのパウンドケーキ。

焼き菓子が入ることで、ほくほくした食べ応えがグッと増しています。

またパフェの要素としては結構ボリュームがあるので、各要素をこれと絡めて食べ進める形になりました。

f:id:lockandgo65:20240627155946j:image

チョコレートアイスにはピンクペッパーがかかっていて、特徴的な風味。

さらにここからジュレ、フレッシュの柑橘、アールグレイクリームと、趣の異なる要素が次々と混ざり合うので、味や食感の軸が目まぐるしく変わっていきます。

複雑に要素の絡み合うパフェでした。
f:id:lockandgo65:20240627155930j:image

続いてレモンとピスタチオの夜パフェ・蒲公英-ダンデライオン-。

トップの綿菓子が倒れてしまうのを何度も立て直して、最終的に何とか形にして提供してくださったのですけど、目の前でパッションフルーツソースをかける演出で一瞬で綿菓子がとけたので少しびっくりしました。
f:id:lockandgo65:20240627155949j:image

こちらはレモン&生姜マカロン、飴板、綿菓子、シナモンサブレ、フランボワーズ、レモンシャーベット、シャンティ、オレンジチュイール、塩ミルクアイス、ピスタチオホール、エルダーフラワージュレ、ピスタチオクリーム、みかん。
f:id:lockandgo65:20240627155925j:image

シナモンサブレの上にピスタチオクリームがのっている形で、その下から登場するレモンシャーベットと合わせて、この3つが3大要素になっているイメージ。
f:id:lockandgo65:20240627155938j:image

こちらも味の組み合わせや一体感といったところを楽しむというよりは、「色々あって楽しい」というジャンルのパフェに感じました。
f:id:lockandgo65:20240627155933j:image

あの手この手で楽しませようとするパフェで、人と夜にゆっくり過ごす場所としてもいいのかもなどと思いながら、ごちそう様でした!

【広告】