lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

食べ歩きの記録です。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

笹塚の「立食い鮨 鮨川」で梅コース(10貫)、追加3貫。

久しぶりにお寿司を食べたくなって、ふらっとお邪魔できそうだった笹塚の「立食い鮨 鮨川」さんへ。

 

予約なしだったので少し待ちましたが、飛び込みで入れるお寿司屋さんの存在はありがたいところ。

 

f:id:lockandgo65:20230131080556j:image

手元の紙メニューに20種類のネタが記載されていて、梅コースなら右から10貫、竹は15貫、松なら20貫とわかりやすいコース設定になっていました。

内容が見えているので、何を食べたいかでオーダーを決められます。

 

追加もOKとのことだったので、1番軽いコースの梅に3貫付ける形で心を決めました。

全てスマホから自分で注文を通すシステムが新しいです。


f:id:lockandgo65:20230131080559j:image

ガリは甘めの味付けですが、生姜独特の辛みも口に残るもの。


f:id:lockandgo65:20230131080603j:image

千葉・千倉のあおり烏賊。

烏賊は少し身が緩み始めたくらいの熟成感。

 

シャリは赤酢を使って色づいたもので、甘みと酸味に限らない深みのある味です。


f:id:lockandgo65:20230131080607j:image

熊本・天草の赤矢柄。

ちょっと脂があって、弾力がありつつしっとりした独特の食感。

 

日によってこういった変わり種のネタもあるようで、これは通いたくなります。


f:id:lockandgo65:20230131081510j:image

佐賀の小肌。

〆は軽め。

 

目の前で握られる握りはやや小振り。

ひょいっと口に入れて、次々に食べ進められます。


f:id:lockandgo65:20230131080620j:image

宮城・気仙沼の真そい。

赤矢柄と比べるとやや歯応えがあります。


f:id:lockandgo65:20230131080623j:image

長崎の真鯵。

脂はあまりありませんが、旨みと香りを味わう1貫でした。


f:id:lockandgo65:20230131080626j:image

静岡・御前崎の生しらす。

白魚の軍艦は結構いただいたことがありますが、生しらすをお寿司でいただいたことはあまりないかも。

 

ねっとりシャリに絡みついて、馴染みのいいネタですねえ。


f:id:lockandgo65:20230131080630j:image

富山・魚津の鰆。

とろりととろける質感で、チーズのような旨みの深さがありました。


f:id:lockandgo65:20230131080633j:image

鹿児島・奄美の生本鮪赤身。

ちょっと漬けになっていて、表面だけねっとりめ。

冬のまぐろらしい重めの旨みがあります。


f:id:lockandgo65:20230131080636j:image

広島の煮牡蠣。

ときどきカウンター越しに香ばしさが漂ってくると思っていましたが、正体はこちらでした。


f:id:lockandgo65:20230131080639j:image

煮牡蠣を炙って握りにしてあります。

ぷりゅっとほぐれる牡蠣独特の食感から、個性の強い風味を炙りの香りがかき立てるような1貫でした。


f:id:lockandgo65:20230131080643j:image

「おかわりいかがですか?」と聞かれたので、お茶のつもりでお願いしたらガリが出てきました。

とはいえガリはガリでむしゃむしゃいただきます。


f:id:lockandgo65:20230131080646j:image

コース最後の1貫は、長崎・対馬のはまふえふき。

ちょっと筋肉質な印象の歯応えのある身質にも思いましたが、身とミルキーな脂がとけ合った、白身の中とろみたいなネタでした。

 

ここからは追加の握りです。


f:id:lockandgo65:20230131080649j:image

愛媛の〆鯖。

個人的には東北の鯖の方が好んで注文しがちなのですけど、愛媛ってあまり食べたことないかもと思って追加してみることに。

 

〆がごく浅めで、ちゅるんと生のように艶かしい鯖でした。


f:id:lockandgo65:20230131080652j:image

平すずき。

比較的厚みのある切り付けで、ねっとりした質感が際立ちます。

後に残る香りのいい脂。


f:id:lockandgo65:20230131080655j:image

宮崎の車海老。

2番目に高価なメニューだったので気になってオーダー。

この価格帯としてはしっかりサイズがあって色鮮やかな海老で、ぱっつんと強い歯切れから広がる香りも魅力的なものでした。

 

気軽に通えそうなので、伺う頻度を上げれば上がるほど楽しみの増えそうなお店だなと思いつつごちそう様でした!

鎌倉の「Shadore」でモカ・シャキッソ、芋羊羹。

鎌倉に来たら恒例ということで、コーヒーをいただきに段葛沿いの「Shadore」さんへ。

 

今回は多くの振袖姿も行き交う参道を見下ろす窓際のテーブル席に案内されました。

 

f:id:lockandgo65:20230128124259j:image

全て有田焼で揃えたカップは、どんなデザインのものが出てくるかというのも楽しみのひとつ。

 

目の前でドリップを見ることのできるカウンターと違って、テーブル席だと提供されるときに初めてカップを見ることになるので、直前までドキドキするという楽しみもありました。

 

今回は白地に赤と青の映えるカップ。


f:id:lockandgo65:20230128124302j:image

コーヒーはエチオピアのモカ・シャキッソ。

シダモ地区の中でも標高の高いシャキッソ村の豆で、個人的にはエチオピアのモカの中でも甘みと旨み、苦みのバランスがよくてキレのある味わいという印象があります。


f:id:lockandgo65:20230128124306j:image

「Shadore」さんの中では特に際立って深い焙煎ということもないのかもしれませんが、他店に比べると2歩くらい踏み込んだ深さで、パンチのある風味の塊みたいなものを感じました。

うまいうまい。


f:id:lockandgo65:20230128124510j:image

芋羊羹。

オープン当初から売りのひとつになっている自家製のお菓子です。

コーヒーと和菓子が合うというのは結構コーヒー屋さんでもおっしゃる方が多いですけど、あんこではなくさつま芋にしたところが珍しい気がします。


f:id:lockandgo65:20230128124428j:image

ぷるんと可愛い食感。

以前いただいたときに比べて、洗練された仕上がりになっているように感じました。

 

お皿も素敵。

 

また次回はどんなコーヒーを、どんなカップで飲めるか楽しみにしつつ、ごちそう様でした!

鎌倉の「GARDEN HOUSE KAMAKURA」でピッツァ(湘南釜揚げシラスと九条葱・焦がしバター、ビターグリーン)、フムスと季節の鎌倉野菜。

初詣の季節も過ぎて落ち着いたかと思ったら、新成人で再び華やぎを見せていた日の鎌倉へ。

 

鶴岡八幡宮に行くつもりでしたが、お昼ご飯は駅から反対へ出て「GARDEN HOUSE KAMAKURA」さんに伺いました。

席数があるので予約なしでも入れそうと思ったのですよね。

狙い通り、特に待たずに案内していただけました。

 

f:id:lockandgo65:20230128123939j:image

フムスと季節の鎌倉野菜。

野菜は色の鮮やかな人参や蕪でした。

濃いペーストとジューシーな野菜を合わせていただきます。


f:id:lockandgo65:20230128123942j:image

湘南釜揚げシラスと九条葱、焦がしバター。

シラスの海の旨みと、葱の香ばしさ経由の旨み。


f:id:lockandgo65:20230128123946j:image

塩気や甘みにバターの香りを重ねて、小麦畑の上のハーモニーを楽しむような1品でした。

鎌倉あるあるのシラスメニューの中でも、秀逸なメニューだったように思います。


f:id:lockandgo65:20230128123952j:image

ビターグリーン。

見た目通りのメニュー名ですが、内容は春菊、アンチョビ、モッツァレラ、山椒と魅力的なラインナップだったのですよね。


f:id:lockandgo65:20230128123956j:image

春菊独特の風味と香ばしさが、味わったことのないニュアンスになっていて面白かったです。

アンチョビ、山椒と少しずつクセのある足し算ですが、春菊が一番勝っています。

 

鎌倉らしさ、多めの野菜、個性ある味わいを楽しめるお店でした。

ごちそう様でした!

【広告】