lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

食べ歩きの記録です。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

荻窪の「A bientot(ア・ビアント)」でマンデリン、自家製チーズケーキ。

比較的よく行く町である荻窪にまだ未訪のネルドリップ、自家焙煎のコーヒー屋さんがあって気になっていたので、満を持して行ってみることに。

 

かなりお席は埋まっていましたが、1席だけ空いていたカウンター席に滑り込みます。

 

f:id:lockandgo65:20221001104741j:image

自家製チーズケーキ、マンデリン。


SNSで見かけて目を引かれたチーズケーキも合わせてお願いしてみました。

f:id:lockandgo65:20221001104725j:image
自家製チーズケーキ。

ぱっと見だとホールで作ってカットしたプリンみたいですが、チーズケーキです。

 

外神田の「乙コーヒー」さんにも似たものがありますが、「ア・ビアント」さんのご主人がそちらの出身なのだそうです。

f:id:lockandgo65:20221001104731j:image

むぎゅっと詰まりつつ、きめ細やかな滑らかな断面のチーズケーキにカラメルソースがかかることでプリンみたいな仕上がりになっているようです。

 

生クリームのかけ方、垂れ方も絶妙。


f:id:lockandgo65:20221001104727j:image

フォークを入れると、なるほどチーズケーキだなと腑に落ちる質感で、ガッシリねっとりとしています。

 

かと思うと、口に入れるとカラメルの香りとチーズケーキの卵の風味?辺りが合わさってプリンにも近いような余韻が残って不思議です。


f:id:lockandgo65:20221001104744j:image

この背面は強めの焼きを思わせるビジュアルでしたが、これはカラメルの色効果が効いているようで、実際は比較的しっとり系でした。

 

シンプルながらも個性のあるチーズケーキでした。


f:id:lockandgo65:20221001104737j:image

コーヒーはマンデリンを注文。

店頭やメニューの目立つところに記載されていて、お店的におすすめしたいメニューなのかなと感じたのですよね。

 

f:id:lockandgo65:20221002153310j:image

苦みがかなりはっきり出ていて、甘みや旨みはそれほど前面に感じないものの、苦みが強く残らない辺りはお味噌汁の出汁のようにひっそりとベースにいい味が存在しているのかもしれません。

 

f:id:lockandgo65:20221001104734j:image

また他のお菓子やコーヒーも試してみたいなと思いつつ、ごちそう様でした!



田原町の「from afar」でグレープフルーツとパッションフルーツのタルト、桃のゼリー、カフェラテ。

久しぶりに田原町の「from afar」さんへ。

前週に行こうと思ったのですけど、ラストオーダーの時間をギリギリ過ぎてしまって、悔しさのあまり3時間くらいかけて家まで歩いて帰るという謎の行動をしていたのですよね。

 

この日は無事に入店。

前週少し痩せた気がするので、気が大きくなってお菓子を2つ注文しました。

 

f:id:lockandgo65:20221001104602j:image

グレープフルーツとパッションフルーツのタルト、桃のゼリー、カフェラテ。

 

季節が終わりかけているメニューを滑り込みでいただくことができました。


f:id:lockandgo65:20221001104624j:image

夏のタルトという位置付けで、使っているフルーツはグレープフルーツとパッションフルーツ。

「フルーツ」と名前に入るフルーツ2種使いですね。


f:id:lockandgo65:20221001104620j:image

グレープフルーツの酸味と苦み、パッションフルーツのクリームの甘みと酸味。

 

酸味寄りではあるものの、レーダーチャートにしたらバランスのよさそうな味わいのタルトでした。

フルーツをストレートに味わえる感じが好きです。


f:id:lockandgo65:20221001104610j:image

桃のゼリー。

桃の果肉がゴロリと入ったゼリーの上にクレームシャンティを丁寧に敷いた1品。


f:id:lockandgo65:20221001104606j:image

シャンティの中央にはアーモンド。

 

舌触りの均質なシャンティ、みずみずしいゼリーの中にあって、小粒でも異物感に鮮烈なインパクトのあるワンポイントになっています。


f:id:lockandgo65:20221001104557j:image

桃もカットが大きめで、軽そうでなかなか食べ応えのあるゼリーでした。

 

f:id:lockandgo65:20221001163044j:image

ドリンクはいつも結局ここに落ち着いてしまうカフェラテ。

薄手でも重みのあるいいカップと、きめ細かくクリーミーでコクの深いラテ。

 

お菓子も魅力的ですけど、今回改めて食器がとても素敵だなあと感じました。

近所に同じ系列で食器屋さんも始めたそうなので、そちらも覗いてみたいなと思いつつ、ごちそう様でした!

 

幡ヶ谷の「キッチンかねじょう」でニザダイのカルパッチョ、スイカとバジルのマリネ、鳳凰単叢蜜蘭茶他。

この日は少し久しぶりに幡ヶ谷の「キッチンかねじょう」さんへ。

 

夏場はしっかりめの夏休みを取られていたようで、お店が長く休みだったり、訪問しても満席だったりして伺う機会を逸していたのですよね。

 

f:id:lockandgo65:20220928192124j:image

鳳凰単叢蜜蘭茶。

ライチのような独特の甘い風味のあるお茶でした。

 

朝から雨降りだったのもあって、空席があってそのまま着席できました。


f:id:lockandgo65:20220928192134j:image

この日のモーニングプレートはこちら。

毎度のことですが、厨房で炒めるジャスミンピラフの香りがよくてうっとりします。


f:id:lockandgo65:20220928192142j:image

定番のプティサレエッグ。

プティサレは塩漬けの豚肉で、絶妙な火入れの茹で卵が載っています。


f:id:lockandgo65:20220928192127j:image

ニザダイのカルパッチョ。

ニザダイというのは青二才のタイ、タイの端くれみたいな意味合いなのだそう。

やや縞鯵寄りの心地よい歯応えと、しっとりした身質に感じさせる脂。


f:id:lockandgo65:20220928192131j:image

添えてあるのはスイカとバジルのマリネ。

こちらを魚と合わせて食べるように案内がありました。

 

見た目のイメージに反して、しっかり甘みのあるスイカと合わせるバジルは、トマトと合わせるときと比べて苦みがカモフラージュされているかも。


f:id:lockandgo65:20220928192146j:image

オクラのアチャール。

しっかり酸味。

ぽん酢と合わせるイメージで考えれば、酸味とは比較的相性のいい野菜なのかもしれません。


f:id:lockandgo65:20220928192149j:image

ジャスミンピラフ。

ご飯のお供と一体になったような、これ単体でガバガバ食べられる味のよさです。


f:id:lockandgo65:20220928192138j:image

COCOROMISO汁。

鹿児島発のブランド麦味噌を使ったやさしいやさしいお味噌汁です。

僕もルーツが鹿児島なので、お味噌汁といえば麦味噌に懐かしさを感じるのですよねえ。

馴染みのない人が食べたらどう感じるのだろう。


f:id:lockandgo65:20220928192121j:image

ご主人のルーツが鹿児島ということも関係してか、毎度こちらのお料理は気になるところが多いのですよね。

 

カレー営業の日とか、全然違うメニューの日もありそうなのでそういうのも気になるなと思いつつ、ごちそう様でした!

【広告】