lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

食べ歩きの記録です。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

蔵前の「蕪木」で板チョコレート(グラン・クヴァ)。

ホットチョコレートをいただいた日、自分へのお土産にチョコレートも買って帰りました。

 

f:id:lockandgo65:20210412085120j:plain

せっかくだからホットチョコレートでいただいた果香にしようかと思いましたが、カフェのメニューにない商品もテイクアウトメニューにはあると先日気が付いたので、ショウケースでよく吟味してグラン・クヴァに決めました。

 

f:id:lockandgo65:20210412212450j:plain

この活版印刷が漢字の商品も惹かれたのですけど、味の説明を優先して今回はカタカナ商品に。

 

f:id:lockandgo65:20210412212501j:plain

中に入った説明書きも、シンプルですが味があります。

 

f:id:lockandgo65:20210412085133j:plain

というわけで無垢チョコレートとも呼ばれる蕪木さんの板チョコ。

 

説明にある通り、重めの赤ワインの渋みやキレのある香り、さらにはウイスキーのようにアルコール度数高めの抜けるような爽やかな後味があります。

 

f:id:lockandgo65:20210412212510j:plain

一方でウォッシュ系のチーズのような少しクセのある風味をまとったコク。

 

コーヒーと合わせようかなとも思っていたのですけど、結局単体でいただくのが1番複雑な味の微細に至るまで堪能できたように感じました。

 

というわけで、他の板チョコメニューも俄然気になってしまいながら、大満足でごちそう様でした!

浅草の「菓子工房ルスルス」で鳥のかたちクッキー、フィナンシェ、マドレーヌ。

おうちでのんびり過ごす用のお菓子を…と思って、浅草の「菓子工房ルスルス」さんへ。

随分久しぶりの訪問になりました。

 

f:id:lockandgo65:20210411102326j:plain

現在はテイクアウト限定の営業になっているようです。

 

今回は事前にリサーチしてあったクッキー缶を購入。

星の形をしたクッキーの「夜空缶」と、鳥の形をしたクッキーの「鳥のかたちクッキー」の2種類から、鳥にしました。

 

f:id:lockandgo65:20210411102339j:plain

シンプルな缶にリボンとシール。

 

f:id:lockandgo65:20210411102350j:plain

蓋を開けるとショップカードと一緒に折り紙が3枚。

最初は、何か書かれている色紙かな?と思って開いてみたのですけど、何も書かれていないただの折り紙。

 

調べてみると、夕焼けに飛ぶ鳥をイメージしてあるようで、折り紙の上にクッキーを並べてお洒落な写真を撮ったりできるようでした。

 

f:id:lockandgo65:20210411102359j:plain

というわけで鳥のかたちクッキーです。

 

レモン風味の表面なめらかな砂糖がけがされていて、ややしっかりめのクッキーとしゃりしゃり砂糖がけが口のなかで素朴にとけあいます。

 

f:id:lockandgo65:20210411102306j:plain

大きなクッキーは模様が描かれたもの。

 

f:id:lockandgo65:20210411102409j:plain

緑の砂糖がけは抹茶で色を付けているようでした。

 

風味としてはレモンです。

 

f:id:lockandgo65:20210411102419j:plain

砂糖がけされていることで、ひんやり涼しさを感じるクッキーでした。

 

f:id:lockandgo65:20210411102315j:plain

フィナンシェとマドレーヌも。

レモンの風味と蜂蜜の甘さで、昔懐かしい味のするマドレーヌが印象に残りました。 

 

というわけで、シンプルで素朴でかわいらしい「ルスルス」さんのお菓子の魅力を堪能して、他のお菓子もまた食べたくなりつつごちそう様でした!

築地の「Turret Coffee」でトールラテ。

もう1軒、日曜がお休みになったら真っ先に行きたかったお店へ。

 

というわけで心地いい気候の中をふらふら散歩して築地に向かいました。

 

f:id:lockandgo65:20210411095220j:plain

トールラテ。

というわけでやってきたのは「ターレットコーヒー」さん。

 

日曜限定の営業というわけではありませんけど、日曜日だけお店を任されている店員さんがいらっしゃるのですよね。

というわけで随分ご無沙汰していたので恐る恐る、探り探りお邪魔しましたが、ギリギリ覚えていただけていたように思います。そう信じます。

 

f:id:lockandgo65:20210411095230j:plain

1番お気に入りだったこちらのメニュー。

こちらのお店のラテは、よくある口の広いカップと違って高さがある分ミルクフォームの嵩があるのが特徴的なのですよね。

 

そのミルクフォームのきめ細かさ、そしてパンチの強いエスプレッソが相俟って、美化されていうる記憶を軽々飛び越えて大変美味しくいただけました。

今後ともよろしくお願いしますとご挨拶しつつ、ごちそう様でした!

【広告】