lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

食べ歩きの記録です。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

フレンチ・ビストロ

三田の「コートドール」でホウボウのカリカリ焼き エシャレットバターソース、ムール貝の白ワイン蒸し、柑橘茶に泳ぐ白桃他。

久しぶりに「コートドール」さんへ。 こちらはもともと席間の距離は大きく取っていることもあって、淡々と平常運転の営業を続けているとのこと。 1組でも予約があれば営業するという姿勢を貫いていらっしゃるそうです。 いつものようにそれぞれが予約時間に…

広尾の「ode」で金華豚のロースト、蒸し鮎の白ワインバターソース、スイカと塩ブランマンジェ、かさごの九条ネギにんにく油他。

お昼はお誘いいただいて、久しぶりに広尾の「ode」さんへ。 時間になったら検温、手指の消毒をして店内に入ります。 フランス料理自体いただくのはちょっと久しぶりなのですけど、いまっぽい独特の雰囲気になりますね。 おしぼりは紙ナプキンに、そして外し…

代々木上原の「sio」でHey!バインミー(チキン南蛮)。

贅沢弁当と一緒にリーズナブルな方のテイクアウトメニューも購入。 ミシュラン1つ星を獲得した「sio」さんの味を1000円で味わえるのは…、 Hey!バインミー。 バインミーというのはベトナム風サンドイッチのこと。 フランスの植民地の時代にパン文化が根付いた…

代々木上原の「sio」でsio贅沢弁当。

この日は予約していた❝お弁当❞を受け取りに、仕事終わりで代々木上原へ。 フランス料理店「sio」さんで、1万円を超える贅沢弁当なるメニューが販売されていて気になっていたのですよね。 内容はこちら! 触り心地のいい風呂敷に包まれたお弁当の他に、お店の…

三ノ輪の「ビストロ・ルミエル」でビーフストロガノフ、前菜3種盛り(自家製ハム、ホタテのポワレ、トリッパの煮込み)。

学生時代からお世話になっているシェフのお店「ビストロ・ルミエル」さんが、一時休業していましたが、テイクアウトで営業再開したと伺ってお邪魔してみることに。 手探りでテイクアウトを始めているので、それぞれ店主さんの個性が出ていたりしがちなのです…

広尾の「ode」でVEG OUT SAND(ベジサンド)。

広尾のフランス料理のお店「ode(オード)」さんが店舗営業お休み期間中に、テイクアウトでサンドを販売していると伺って買いに行ってみることに。 予約を受け付けていて次々にお客さんが受け取りにいらっしゃっていましたが、飛び込みでも買うことができるよ…

南青山の「フロリレージュ」でコラボデセールコース(苺、生姜のジュレ、ヤクルトのエスプーマなど)。

この日はお誘いいただいて、南青山のフランス料理店「フロリレージュ」で開かれたコラボデセールコースのイベントへ。 フロリレージュのパティシエール・Miho Horioさんと、二子新地の「skaye」というテストキッチンでお菓子販売、皿盛りデザート提供、「研…

外苑前の「l'eau(ロー)」で蝦夷鹿のロースト ふきのとうの天ぷら風、鰆ときのこ、白子と菊芋、スミイカとくるみ他。、

この日はどこか初訪問のフランス料理のお店へ、と以前から気になっていた外苑前の「l'eau(ロー)」さんに。 2019年にオープンして注目を浴びたお店だったのですよね。 オーナーシェフは、父親の営む南長崎の洋食店出身なのだそう。 町の洋食店から本格フラン…

新宿三丁目の「燻煙Smoke Dining」で熟成仔羊の燻製、グリル野菜のラクレットチーズがけ、おつまみ盛り合わせ。

この日は夜に新宿で用事があったので、周辺で軽く食事を済ませることに。 大手チェーンの系列店なんかが多くてなかなかお店が決まりませんでしたが、ビル3階にあって落ち着いて過ごせそうだった燻製料理のお店「燻煙Smoke Dining」さんへ。 まずはサッと出そ…

東銀座の「ビストロ・ヌガ」でノルウェーサーモンのミキュイ、竹の子とアーティーチョークのオムレツ、鯵のマリネ、梶谷農園ハーブ野菜のグリーンサラダ、ラタトゥイユ。

この日は朝からたくさん食べて満腹満足、お腹をさすりながら堂々の帰宅だったのですけど、夜になって友人から呼び出しを受け銀座へ。 突然だったのでちょうどいいお店がみつからず、先日初めて伺って安心と安全を感じ取った「ビストロ・ヌガ」さんへ再訪する…

北千住の「ロノマトペ」でタルトタタン。

この日はどうしてもタルトタタン気分で色々検索していたのですけど、方向性としては「りんごが肉厚」かつ「ジューシー」なものがよかったのですよ。 そう思って探すと意外と好みに合うお店がみつからず、結局お気に入りのお店に行ってみることに。 とはいっ…

六本木の「ル・ブルギニオン」でシストロン産仔羊のロースト アッシェパルマンテイエ、鮟鱇のフロマージュドテッド、人参のムースとコンソメのジュレ 生ウニ添え、安納芋のモンブラン他。

お昼は六本木のフランス料理のお店へ。 ずっと前から行きたいと思いつつ後回しになっていた「ル・ブルギニオン」さん。 食べ歩きを始めた頃から通った「minobi」「ビストロ・メランジェ」でお世話になった方が、この度こちらでマネージャーに就任されたので…

東銀座の「ビストロ・ヌガ」で岩中豚のグリル、白身魚と帆立貝のクネル、マッシュルームとクレソンのサラダ、ウフ・マヨネーズ。

12月10日(火)、師走に入り、クリスマスが段々近付いてきて浮足立ったこの日は、会社帰りに銀座方面へ寄り道します。 ビストロ・ヌガ。 ワインバー・シノワと姉妹店ということでワインも充実したビストロ。 2008年オープンということで、もう10周年も過ぎたお…

北品川の「カンテサンス」でシャラン鴨のロースト、サワラのポワレ、山羊のミルクのバヴァロワ、メレンゲのアイス、真鱈の白子のポッシェ ショーフロワ、牛の胃袋のグリエ、タルトブーダン他。

昨年末は木村拓哉さん主演のドラマ「グランメゾン東京」にドハマりしていたのですけど、シェフが料理の監修をされていた「カンテサンス」の予約が取れたので幸運にも放送期間中にお邪魔することができました。 作品内に登場するお料理がお店で実際に提供さ…

東銀座の「ル・ジャルダン・デ・サヴール」でガルグイユ(温野菜の盛り合わせ)、真鯛の白ワインと松茸蒸し・蕎麦の実のリゾット風、牛ほほの煮込み。

前々から気になっていたお店を、最近になって人からおすすめされて思い出したので、お昼は東銀座へ。 ル・ジャルダン・デ・サヴール。 1991年創業ということで、30年近い歴史をもつ老舗。 お店は階段を降りた地下にあります。 「商い中」の札が可愛いです。 …

三田の「コートドール」で蝦夷鹿のロースト、季節野菜のエチュベ、アンチョビのトースト。

美味しいものばかり食べる日々を過ごしていると、 「だんだん感動も薄まってこない?」 と聞かれることがあるんですよね。もう相当美味しいものを食べても驚きはないでしょ、と。 先日、漫才コンビのアンタッチャブルさんが10年ぶりに漫才を披露して話題にな…

表参道の「ラチュレ」で鹿の血のブーダンノワールのエクレア、冷たいとうもろこしのスープとコーンのブリオッシュ、金華サバと黒イチジク、茄子、鴨パテアンクルート、ウスバハギのポワレ、クレソンオイルとスープ、エゾジカのロースト 赤ワインのソース、ぶどうのサバラン。

お昼はお誘いいただいて、久しぶりのラチュレさんへ。 いつもひとりで行くのでカウンター席にしか座ったことがありませんでしたが、この日は初めてのテーブル席でした。 ちょっと秋の装い。 全て手作りで用意されているそうです。 鹿の血のブーダンノワール…

三田の「コート・ドール」で赤ピーマンのムース、冷製梅干しと青しそのスープ、穴子のテリーヌ、フランス・シストロン産 仔羊のロースト、国産牛のしっぽ煮込み 赤ワインソース、花豆、パイナップルとココナッツのスフレ、酸果桜桃のアイスケーキ、白ワインのムース。

ランチは三田のコート・ドールさんへ。 話は昨年の秋に遡るのですけど、兄が結婚したときに「ご祝儀は要らないから、その分美味しいものでもおごってよ」というので、ご祝儀ランチを約束していたのですよね。 予定を合わせるのだったり何だったりで1年近くか…

中目黒の「クラフタル」でうさぎのガランティーヌ、うさぎの背肉にバジルのパン粉、うさぎモモ肉、あわびに白ワインとバターのソース、ローズマリーなどでマリネした穴子、全粒粉の自家製麺、鮎を三枚におろしてフォアグラをサンド、衣をつけた仔牛のロースト、イチジク縛りで3皿のデセール。

ランチは予約していた中目黒のお店へ。 クラフタル。 鹿児島県出身のシェフが2015年にオープンさせたお店。 シェフはロブションやアニスなど名店を渡り歩き、フランスでの修業経験もあるそう。 駅前の喧騒からは少し離れた落ち着いた通りの建物の2階にありま…

兜町の「アサヒナガストロノーム」でMENU Déjeuner(仔牛のブランケット フォアグラと共にボローヴァンに入れて、タピオカの入った仔牛のコンソメ、ウサギのラビオリ 黒トリュフのクーリ、帆立のミキュイ キャビアに見立てたニシンの卵、ゴールドラッシュのヴルーテ、ペッシュメルバ他)。

この日のお昼は日本橋兜町のフランス料理のお店へ。 兜町でフレンチって珍しいなと思って向かったのですけど、東京証券取引所の真裏でした。 アサヒナガストロノーム。 恵比寿の2つ星フレンチ「シャトーレストラン ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション」…

浅草の「Nabeno-Ism(ナベノイズム)」でショートランチコース。

この日はしっかり美味しいフランス料理をいただきたくなって、お昼は浅草の人気店を予約してありました。 ナベノイズム。 事前に把握できていませんでしたが、お店の前に3周年の花が並んでいました。 ロブションで総料理長を務めたシェフが、50歳になる直前…

シンガポールの「odette(オデット)」でスプリングラムのロースト、ヒメジのミキュイ、温泉卵とジャガイモのエスプーマ、ビーツのバリエーションサラダ他。

満を持して、今回の旅行のメインイベントへ。 訪問先をシンガポールに決めたのは、2019年のアジアレストランランキング50でナンバーワンに選ばれたお店があったからなのですよね。 odette(オデット)。 ナショナルギャラリーの敷地内にあるお店は、白が基調で…

タイ・バンコクの「Le Du」で牛ショートリブのグリル グリーンカレーのソース、ナマズのスイートチリソース、タイの冷やし茶漬け風、マンゴーのパンナコッタ他。

タイは1泊だけだったので、夕食のお店は吟味に吟味を重ねて決定。 調べれば調べるほどいいお店があって随分迷いました。 Le Du。 2019年のアジアレストランランキングで20位に入る名店。 タイの伝統料理を再構築した料理を提供しているとのこと。 参考までに…

乃木坂の「タンモア」でカエルのロースト エスカルゴのラビオリ 土のソース、カサゴのバリグール風、鰹とソッカのミルクレープ、ジビエのアミューズ、日本の酒の共演、ノンアルコールペアリング。

お昼は気になっていた乃木坂のフランス料理のお店へ。 女性シェフによるクラシカル寄りなお料理がいただけるということで、興味を惹かれていたのですよね。 お料理は月替わりのコース1本。 メインのみ選択制。 ドリンクはシェフ自らが考えるというノンアルコ…

三ノ輪の「ビストロ・ルミエル」で牛タン元のロースト、タンの赤ワイン煮、ウサギのテリーヌ、胡瓜のクープグラッセ、新ごぼうのポタージュ、蕎麦のブランマンジェ、いちごのロールケーキ。

お昼は三ノ輪の「ビストロ・ルミエル」さんへ。 前回訪問からあまり間を空けずに再訪となりました。 田町の「minobi」、五反田の「ビストロ・メランジェ」のサービスで人気を博したKさんが、メランジェの閉店に伴って期間限定でこちらで働かれると伺ったので…

代々木上原の「セララバアド」でSpring Menu 2019(春のメニュー)。

5月4日(土)、市場がお休みだったので朝からモヤモヤしながら過ごしましたが、夜はありがたいお誘いをいただいていたので代々木上原へ馳せ参じました。 セララバアド。 北欧の名店で修行されたシェフのお料理をいただける、イノベーティブ・フュージョンとか…

新富町の「ビストロ・シンバ」でほたるいかのタルト、ブッラータ・トマト・大西ハーブ農園のフレッシュサラダ、三陸産牡蠣と苺のエスカベッシュ、黒ムツのポワレ あさりとあおさのソース、ニュージーランド産仔羊のロースト。

浅草の後は新富町へ移動して、ずっと気になっていたビストロへ。 2015年のオープン直後から行ってみたいと思いつつ、3年以上経っていました。 ビストロ・シンバ。 京橋公園の向かい、天まめさんの店主さんのお兄さんのお店である「天朝」さんや、コスパのよ…

三ツ星フランス料理「カンテサンス」予約の電話をかけ続けた話とディナーの感想と現在の営業時間情報など。

5月28日(火)、1年ぶり3回目のカンテサンスへ。 ジーパンに無地のシャツしか着なくなった僕でも、ジャケットなぞ羽織ってめかし込んじゃいます。 基本的にお料理の撮影はNGなお店なので、今回は写真がありませんが、なかなか伺えるお店でもないのでメモ程度に…

三ノ輪の「ビストロ・ルミエル」で、ホロホロ鶏のコンフィ、鱸のポワレ、牛ほほ肉の赤ワイン煮込み、クープグラス(蕪のムース)、小籠包、春人参のスープ、そば茶のブランマンジェ、甘夏のグラニテ、フランボワーズのムース。

4月16日(火)、久しぶりに三ノ輪の「ビストロ・ルミエル」さんへ。 6月でオープンから2年。 三ノ輪にこんなお店があるの?というオシャレなお店なのですけど(←失礼)、平日夜ながら満席近くまで席が埋まって、すっかり定着しているように見受けられました。 3…

表参道の「ラチュレ」で鴨のロースト 赤ワインのソース、ジビエのパテ・アンクルート、真鯛と菜の花の辛子和え、蕪と帆立のスープ、鹿の血のラングドゥシャとブーダンノワール、桜とトンカ豆のデザート。

前回訪問から大分間の空いてしまった表参道の「ラチュレ」さんへ。 色々なところで話題に挙がって、「もう全然予約が取れなくなっている」といったお話を聞く機会が特に最近多かったのですよね。 階段を降りた地下にお店はあります。 ご挨拶してカウンター席…

【広告】