lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

浅草の「フルーツパーラー・ゴトー」で宮崎産の完熟マンゴー『太陽のタマゴ』のパフェ。

この日は某フルーツのパフェをいただきたくて、浅草のフルーツパーラー・ゴトーさんへ。
 
最近は「食べたい果物」があるときはその果物を買ってしまうことが多いのですが、今回はなかなかそういうわけにいかない果物をパフェでいただけるということで目指してやってまいりました。
 
余裕を持って開店前に着くつもりが、築地の某喫茶店でのんびりしすぎてしまったため、開店時間をちょうど回った頃に到着。
店内満席、3組くらい前でお待ちでしたが、さほど待たずに案内していただけました。
 
そして目当てのパフェを注文。
 
宮崎県産完熟マンゴー『太陽のタマゴ』のパフェ(3000円)。
 
7月に入ると贈答用で使われ価格が高騰するため、パフェで出せる価格帯は6月中のみなのだそう。
ひとりで丸々1個買うのは気が引けるフルーツなので、こうして1人前を3000円くらいでいただけるチャンスを作ってくださるのはありがたい限りです。
 
『太陽のタマゴ』はメニューの説明によると、
「宮崎完熟マンゴーの中でも糖度15℃以上、1個当たり350g以上のもの」

 

なのだそう。
 
「糖度」の表記って、果物によって上下がある気がして数字だけ見てもピンと来ないのですよね。
百聞は一食に如かず、食べて感じて判断しましょう。
 
下からカットマンゴー、ミルクアイス、マンゴーのアイス。
 
そして上には花のように盛り付けられたカットマンゴーと生クリーム。
 
最後にアイスだけにしたくないので、計画的に"花びら"を摘んでいく必要があります。
 
花占いのようにひとつひとつ数えながら。
 
では、いただきます!
 
面積の狭いカットになるマンゴーの上端と下端に当たる部位は、水分が抜けてきめ細かく詰まった質感。
 
しっとりしてなめらかに口どけます。
 
中心に近づくにつれ面積は広くなって、水分量もご覧の通り明らかにジューシーに。
 
ただ、意外とこの辺りの方が繊維質が強くなるように思いました。
 
とはいえ、食感も質感も水分量も、すっかり頭を離れてしまうくらい爆発的に甘いです。
香りもしっかりありますが、バランス的に甘みが突出している印象。
マンゴーらしい風味を味わうには他のマンゴーでもいいかと思いますが、この糖度には食べてみるだけの価値がありそうです。
 
自家製マンゴーのアイスも『太陽のタマゴ』使用とのこと。
 
やはり甘みの印象に比べると香りは「普通にしっかり」という程度なので、アイスにすると収まりのいい仕上がりになっていました。
 
ちょっとネチッとした食感、ほどよい酸味がいいですね。
 
底に入っているダイスカットのマンゴーも、トップのマンゴーに比べると大分味が薄く感じられてしまいました。
 
とにかくトップのマンゴーのインパクトがすごかったです。
これは確かに「選別」されているブランドであることがよく分かるマンゴーでした。
 
ただもちろん「甘さ」が全てではないので、これ以外のマンゴーがダメという気はしないかも。
冷やしすぎない方が良さそう、というのも勉強になりました。
 
ずっと前に親戚にもらって食べた記憶があるのですが、よく覚えていなかったので今回味わっていただく機会を作れて大満足でした。
ごちそうさまでした。

築地の「高はし」で天然生本鮪・インドマグロ(中トロ・赤身)盛り合わせ。

続いては最近金曜の定番、高はしさんへ。
 
前週から始まった「あゆ塩焼き」はしばらく続くかと思っていたのですが、この日はメニューにありませんでした。
あるときに食べておいてよかったな。
 
とはいえこの日のメニューを見て、面白い注文を思い付いておりました。
 
3代目にお願いしてOKをいただき、いざ注文。
こっそり、ずーっと以前から思い描いていた「念願」が叶いました。
 
本鮪・インドマグロ(中トロ・赤身)盛り合わせ。
 
本まぐろの他に、インド、キハダ、メバチ…と各種まぐろをお店でいただく機会はありますが、2種食べ比べをできる機会って案外少ないのですよね。
 
今回は最近の定番インドマグロの他に、本天然生鮪も入荷があったそうでありがたく2種盛りにありつけた次第。
 
特に表記がなかったので、インドマグロの方は冷凍物なのかもしれません。
 
まずはインド赤身。
 
サクッとシャープな歯切れ、酸味は少なく幅と深みのある旨みが印象的。
 
続いてインド中トロ。
 
ミルキーでコクのある脂、こちらも甘みよりは旨みを強く感じます。
 
本鮪赤身。
夏のまぐろらしく、とてもさっぱりした味。
 
逆に「物足りない」と感じる方もいそうな爽やかさ。
まぐろは、「冬は脂、夏は香り」の魚だということがよく分かる赤身でした。
 
最後に本鮪中トロ。
ジュッと融ける脂は甘く、後に酸味が香る爽やかな中トロ。
両極端を猛スピードで駆け抜けるような夏のまぐろでした。
 
というわけで、まぐろを満喫、大満足の朝でした。
どうしても「生まぐろ」とか「本まぐろ」至上主義みたいなものってありますけど、個人的にはインドマグロもかなり満足感がありました。
 
玄人の方に言わせたら、この日の本まぐろのような爽やかなのが本物の夏のまぐろということになるのかもしれませんが、
そこまで深く考えずそれぞれに感じる「美味しいまぐろ」ということでしたら、この日のインドマグロのようなまぐろも「素晴らしいまぐろ」と言っていいのだと思います。
 
いい経験ができました。

築地の「小田保」でかつをフライ、カキフライ。

6月16日(金)、週末が来て、スタートは小田保さんへ。
 
ちょっと久しぶりになりましたね。
 
店内は河岸の方ばかりで、移転談義がややヒートアップ。
 
イメージと違うご意見を聞くことができて貴重でした。
 
この日は注文を考えずに来たので、しばらく思案。
 
ホワイトボードが1つ増えて、悩みも1.5倍になりました。
 
というわけで、かつをフライ(650円)とカキフライ(300円)。
 
今年の牡蠣は土俵際で粘りますねえ。
いやはや、初鰹と共演してしまいましたか。
 
かつをフライは、ランチのサービス定食のロースカツみたいなサイズ感。
 
脂の少ない初鰹のフライというと、固くなってしまいそうなイメージですが、
みなさんのお話によると、かなりレアでふんわりした仕上がりだそうで。
 
と思ったら、部位の違いはあったでしょうけど、今回は中までしっかり火が入っていました。
 
あら?と思いましたが、食べてみると固さは全く感じず、空気をしっかり含んだ蒸し料理のようなふんわり仕上げ。
ほのかに酸味を漂わせた鰹らしさと、赤身らしい引き締まった旨み。
 
個性のある味わいでした。
 
そしてカキフライはこのサイズ。
 
もちろん、これで1個付けです。
 
もうすっかり味は軽くなりましたが、ふるっふるんとポップな食感。
かなり緩い食感ですが、これはこれでこの時期ならではのように思います。
 
思いの外軽くいただける2品でした。
いい休日のスタートとなりました。
 
ごちそうさまでした!

【広告】