lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

食べ歩きの記録です。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

茗荷谷の「Cafe 竹早72」であんみつ(粒あん)、ひなまつり、抹茶(お薄)。

この日は久しぶりに茗荷谷の「一幸庵」さんでお菓子を買おうかと思ったのですが、ご主人の娘さんが近くで営業されているというカフェが長期休業を経て再開されていることに気が付いてそちらに行ってみることに。

 

f:id:lockandgo65:20190322163042j:plain

Cafe 竹早72。

"72"は季節を表現する"七十二候"からきているということで、 "竹早"の方は何かと思えば、普通にお店の住所のようでした。

素敵な住所ですね。

 

季節感を大事にされる一幸庵さんイズムを感じることのできる店名でもあります。

 

f:id:lockandgo65:20190322163046j:plain

午前10時から営業されているのも個人的に嬉しいところ。

カウンターとテーブル席とありましたが、カウンター席に。

 

あんみつやおしるこの他、一幸庵さんの季節のお菓子もいただくことができます。

この日用意のあるお菓子を見せていただいて注文を決定。

 

f:id:lockandgo65:20190322162937j:plain

あんみつ(粒あん)。

 

「お好みで」と黒蜜も添えられています。

 

f:id:lockandgo65:20190322162941j:plain

粒あんとこしあんから選ぶことができましたが、今回は粒あんに。

 

f:id:lockandgo65:20190322162946j:plain

立方体に積み上げられた寒天が印象的。

 

f:id:lockandgo65:20190322162950j:plain

寒天はぽくぽく軽めの食感。

 

みかんではなくてオレンジだったり、ドライアプリコットがコンフィチュールになっていたり、定番とは一味違う仕上がりになっています。

 

塩気のびしっと効いた赤えんどうに添えられているのは柚子ピール。

 

f:id:lockandgo65:20190322162954j:plain

黒蜜は良くも悪くもクセのない上品な香り。

 

すっきりした風味が、お店らしさに合っている気がします。

 

f:id:lockandgo65:20190322162959j:plain

粒あんはこんな。

やややわめに炊かれた小豆が、ほろりほろりと柔らかくほぐれて、豆の香りがしっかり残っていますねえ。

 

f:id:lockandgo65:20190322163003j:plain

続いて、季節の上生菓子も。

 

これまた、かわいいのを選んでしまいました。

 

f:id:lockandgo65:20190322163007j:plain

ひなまつり。

ヨモギの上がり羊羹の上に、紅白の軽羹。

 

上からスーッと楊枝を入れてカットすると、イタリアの国旗みたい。

ヨモギの香りと、山芋の素朴な香りと。

 

f:id:lockandgo65:20190322163011j:plain

軽羹の話を聞かせていただいたのですけど、材料に使う山芋は夏場にコシがなくなるので作らなくなるそうです。

 

軽羹に季節があるイメージはありませんでしたが、確かに野菜が材料ですからねえ。

大変勉強になりました。

 

f:id:lockandgo65:20190322163016j:plain

あんみつを「粒あん」で注文した後で、一幸庵さんのこしあんを食べるべきだったな…と少し後悔する思いもあったのですが、上生菓子に添えられていていただくことができました。

 

口当たりが涼しく、濃密なのに重くない、極上のひと口です。

 

f:id:lockandgo65:20190322163020j:plain

ひなあられ。

単体でいただいたことしかなかった気がしますが、こしあんなんかと合わせると香ばしさが引き立ちますね。

 

f:id:lockandgo65:20190322163024j:plain

抹茶。

お濃茶も選ぶことができましたが、今回はお薄で。

 

f:id:lockandgo65:20190322163028j:plain

最近、ブログに上げていないものも含めて、意識的に外でお抹茶をいただくようにしているのですけど、顕著に差があって面白いですねえ。

クリームかと見紛うほどきめ細かい口当たりが素晴らしかったです。

 

f:id:lockandgo65:20190322163033j:plain

お茶碗はつくし。

春ですねえ。

f:id:lockandgo65:20190322163037j:plain

というわけで、念願の初訪問を果たせました。 

 メニューが豊富なうえに、季節ごとのお菓子をいただけるということで、何回お邪魔しても楽しめそうです。

 

またお邪魔します。

ごちそう様でした! 

豊洲の「八千代」でアジ・ホタテフライ。

続いて定番コースで八千代さんへ。

豊洲に来てから、大方ひと通りのメニューはいただいてしまったので、今回は定番物を。

 

f:id:lockandgo65:20190321043608j:plain

アジ・ホタテフライを注文するときは「橋幸夫」と同じイントネーションで言いたくなってしまうのですけど、お店の方は「森公美子」とか「久米宏」のイントネーションでおっしゃるのですよね。

 

いつも注文するときは忘れていて、お店の方が厨房に通す声が聞こえてきてハッと思い出すのですよね。

 

f:id:lockandgo65:20190321043552j:plain

アジホタテフライ(おぎやはぎのイントネーションで)。

 

ド定番!

やや細かめのパン粉がみっちり付いたタイプですね。

 

f:id:lockandgo65:20190321043558j:plain

厚みがあってふかふか、サクッと割れた衣からむわわっと広がる鯵の香り。

 

かつて築地場内アジフライ四天王と呼ばれた4店のうち、唯一残ったのがこちらなのですよね。

 

f:id:lockandgo65:20190321043603j:plain

 ホタテフライは毎度毎度ジャストミート火入れでレア。

生の甘さと、火の入った旨み。

こちらも隠れた看板メニューのひとつですね。

 

やっぱり定番たる魅力を感じることができました。

ごちそう様でした!

豊洲の「米花」でヤナギムシガレイ、ねぎ豚、牛ごぼう、せりおひたし。

3月1日(金)、一夜明けて豊洲の米花さんへ。

何やら魅力的なメニューが用意されているようです。

 

f:id:lockandgo65:20190319210929j:plain

お新香をぱりぽりかじりつつ、みなさんとお話しながら待っていると…、

 

f:id:lockandgo65:20190319210914j:plain

豪華!

 

肉、魚、野菜、充実の内容です。

 

f:id:lockandgo65:20190319210943j:plain

ヤナギムシガレイ。

"干している"という噂は聞いて、楽しみにしていたのですよね。

 

f:id:lockandgo65:20190319210947j:plain

パリパリの皮目に、しっとりした身。

水分が抜けて味と香りはぎゅーっと凝縮。

 

薄そうに見えて身はしっかり厚みがあるのが嬉しかったですねえ。

 

f:id:lockandgo65:20190319210933j:plain

こちらはよく見ればお惣菜が2種盛り。

 

右は牛と豚。

佃煮なんかでよく見かける組み合わせですね。

ちょっと甘めのやさしい味付けが米花さんらしいです。

 

f:id:lockandgo65:20190319210925j:plain

こちらはネギと豚。

鉄板の組み合わせですね。

 

豚の脂を吸って甘みの出たネギがまた豚に合うという循環型マッチング。

 

f:id:lockandgo65:20190319210937j:plain

「根っこが美味えんだよ!」と運ばれてきたのは、せりの根のおひたし。

 

じゃっきじゃっき強い歯応えで、キュキュッと酸の立ったポン酢が香ります。

 

この日も朝から多品目で大満足でした。

ごちそう様でした!

【広告】