lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

食べ歩きの記録です。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

駒込の「KABOちゃん」で芋みるく(みたらし)、イチゴみるく。

久しぶりに駒込の「KABOちゃん」さんへ。

1年近くお店を休業されていましたが、突然この日からの再開を発表されたのですよね。

 

お店に着くとお店の前に収まらない行列。

 

f:id:lockandgo65:20190516042657j:plain

並んでいる間に商店街を通り過ぎるみなさんが、「あ、開いてる」「久しぶりに暖簾見た」などと口々に漏らしていきます。

 

前後に並んでいらっしゃる方々も、注文に迷いながらワクワクが口から漏れ出していて、とてもいい雰囲気でした。

 

f:id:lockandgo65:20190516042653j:plain

店主さんにご挨拶して着席。

本来はラーメンとかき氷のお店ですが、かき氷のみからの再スタートとあって多少余裕があったのか、積もり積もった近況報告なども少しできました。

 

奇遇にもこの日のメニューに、初訪問でいただいたメニューがあったので、そちらをお願いすることに。

 

f:id:lockandgo65:20190516042650j:plain

芋みるく。

 

仕上げのソースはカラメルとみたらしから選べますが、みたらしにしました。

 

f:id:lockandgo65:20190516042647j:plain

確か焼き芋を使われるという芋のソースは、写真でも分かるぽってり感。

焼き芋の蜜が滲んで焼きが入った部分が表現されたようなみたらしは、塩味の効果か印象をシャープに。

 

大学いもとかにも近いのかな。

 

f:id:lockandgo65:20190516042643j:plain

氷はミルク。

上品に甘く、見た目によらずさらりといただけます。

 

食べ歩きの趣味から脱サラして開業された店主さんとあって、この辺りの味の仕上がりのセンスは抜群なのですよね。

 

f:id:lockandgo65:20190516042708j:plain

イチゴみるく。

以前はメニュー名に「くだきたて」と付いていたのが、この日はありませんでしたが、しっかり注文を受けてからフードプロセッサーで砕いて仕上げていました。

 

f:id:lockandgo65:20190516042705j:plain

酸味にはあまり振らず、まろやかな甘みで苺の香りを引き立てるバランス感。

 

その場仕上げながら、とろみのついた食感もばっちりです。

 

f:id:lockandgo65:20190516042701j:plain

やさしく、いい味のかき氷。

果物は「普通に八百屋で売っているもの」だそうですが、素材のいいところをはっきり分かりやすいように仕上げられていて、硬派なところが好みなのですよね。

 

このまま完全復活だと思っていいのですか?と伺ったところ、自信がなさそうにされていましたが、この日以降は定休日を除いて休まず営業されているようです。

 

順調に、無理のないように続けていただければと思います。

季節を追って果物を満喫するのが楽しみな限りです。

またよろしくお願いいたします。ごちそう様でした!

築地の「長生庵」であなご天ぷら、ほたるいか刺身、初がつおユッケ風、菜の花辛子酢味噌和え、もりそば。

訳あってお昼は兄とサシ飯。

 

場所的にちょうどよかった築地で食べることになったので、お店選びは押しつけられ任せてもらって、ゆったり過ごせそうな長生庵さんに伺うことに。

 

f:id:lockandgo65:20190515204152j:plain

待ち合わせ時間にちょうど「まだ家」という連絡が来たりはしましたが、とりあえずお昼前にお店には入れました。

 

さすがに混み合っていて、相席になりました。

 

f:id:lockandgo65:20190515204221j:plain

ほたるいか刺身。

たっぷりあるので、様々な薬味を試しながらいただきます。

 

長生庵さんはお刺身が上品でいいですねえ。

 

f:id:lockandgo65:20190515204217j:plain

菜の花辛子酢味噌和え。

「辛子酢味噌和え」とあったのですけど、辛子和えでしょうかねえ。

 

この時期の菜の花にしては、青みのある若々しい締まりのある風味でした。

 

f:id:lockandgo65:20190515204213j:plain

初がつおユッケ風。

普通のお刺身もありましたが、せっかくなので攻めた方で。

 

f:id:lockandgo65:20190515204208j:plain

甘めのタレで和えて登場。

卵黄を絡めていただきます。

 

初がつおながら、結構脂があって濃厚な味わいでしたね。

個人的にはユッケにする分には、さっぱりした香りでは負けてしまいそうなので、脂が強い方がいいような気がいたしました。

 

f:id:lockandgo65:20190515204147j:plain

あなご天ぷら。

長生庵さんにきたら外せない天ぷら。 

 

品のある香りの穴子に、カリッカリサクサクに揚がった衣。

 

f:id:lockandgo65:20190515204142j:plain

あなご天を食べたいときに求めているものは、これだな。

と思えるような正統派あなご天でした。

 

最終的にお店を出た後、兄もこれが一番よかったと申しておりました。

 

f:id:lockandgo65:20190515204204j:plain

もりそば。

長生庵さんでお蕎麦をいただくのは初めてかも。

 

淡い色味で細めのお蕎麦。

つるつるるといただきました。 

 

f:id:lockandgo65:20190515204159j:plain

〆の蕎麦湯までいただいて大満足。

 

ひとりで食べたいメニューを決めて伺うことが多かったのですが、複数人でお邪魔してアレコレ注文してみる楽しさもあるお店ですね。

楽しくいただけました。

 

ごちそう様でした! 

豊洲の「やじ満」でもやしとニラの炒めもの。

 

朝は小田保さんだけのつもりでしたが、大先輩お2人とご一緒できそうだったので、やじ満さんにもお邪魔することに。

f:id:lockandgo65:20190515190848j:plain

幸い3人並んで着席できました。

全くもって行き当たりばったりの飛び込みで注文を決めていなかったので、軽くサクッといただけそうなメニューをお願いしました。

 

f:id:lockandgo65:20190515190844j:plain

お茶をいただきまして。

 

f:id:lockandgo65:20190515190839j:plain

もやしとニラの炒めもの。

シンプルそうなメニュー名ながら、色々入っているのが嬉しいところ。

 

f:id:lockandgo65:20190515190851j:plainお店の火力ならではの色ツヤ、ジャッキジャキの食感。

楽しくお話しながら、モリモリいただきました。

 

次回いただくべきメニューを先輩に教わりながら、ごちそう様でした!

【広告】