lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「高はし」で刺身盛り合わせ、新さんま塩焼、穴子やわらか煮。

人と待ち合わせして高はしさんへ。
 
土曜日とはいえすごい行列。
思えば移転前の駆け込みはこの日から勢いを増したようでしたね。
 
結局1時間待って店内へ。
8時半頃でしたが、なんとこの時点で煮魚はすべて完売。
 
というわけで予定を変更して注文しました。
 
穴子やわらか煮(1500円)。
 
ササッと出てくるこちらをちびちび摘まみながら、お料理を待ちます。
 
どれもトロットロながら、頭側から尾までそれぞれの部位に多少違いがあるのですよね。
 
「ここ、身に脂が乗ってるところだから」
「尾は脂が少ない分、身の味が出てるかも」
 
おせっかいをふんだんに振りまいて相手に勧めながら食べました。
 
刺身盛り合わせ。
ちょっと豪華めに盛り付けてくださっているかもしれません。
 
内容はまぐろ赤身、中トロ、トリ貝、ほたて、平政、ずわいがに棒肉。
 
ほたては甘み、トリ貝は塩気と身の旨み。
 
どちらも舌への絡みが艶めかしいです。
 
まぐろはインドだったと思います。
 
見た目よりしっかり脂の乗った中トロもよかったですが、鉄っぽい香りと旨みの強い赤身が秀逸でした。
 
平政はシャキッと角の立った食感。
 
出始めの鰤くらいのほどよい脂乗りもよかったです。
 
煮魚がなかったので、代わりといってはなんですが「日本一高い」と名高い新さんま塩焼(2500円)を。
 
今年のさんまは、数も獲れるがモノもいい、ということでいいサイズですねえ。
 
目を見て…、
 
いただきます!
 
「この焼き方はね、内側の肝をいかに美味しく食べさせるかを追求して行き着いたところで…云々」
と聞きかじった話を上手いこと説明しつつ。
 
この日は特に丸々太った肝が甘~くて美味しかったです。
 
〆にお味噌汁を。
 
というわけで、並び時間から注文内容まで、予定とは違った感じになってしまいましたが、それでも安定の満足感でした。
最後に「これは兄でした!」と元気に挨拶しつつ、ごちそう様でした!

築地の「やじ満」で肉野菜炒め、シューマイ。

9月1日(土)、この日は人を案内する予定がありましたが、その前に時間があったのでまずやじ満さんスタート。
 
ちょっと並んでいましたが、それほど待たずに店内へ。
 
注文を決めてきてあったのでサクッと注文しました。
 
シューマイ(150円)。
 
やじ満さんのシューマイは基本単位が1個=4つなので半個=2つで頼むお客さんが多いのですよね。
僕は指で示しながら「1つ!1つお願いします!」とお願いしました。
 
巨大かつミシミシと詰まったシューマイ。
 
しっかり味が付いているので何も付けずに食べられますが。お店的には「ソースもおすすめ」とアドバイスしてくださいます。
 
玉ねぎの甘みも出ていますが、基本は塩味がしっかり。
 
その分甘いソースが合うのだと思います。
 
薄いシューマイの皮がとろっととける感じもまたいいですね。
 
食べ終わるかどうか、というところでメインのお料理が登場します。
 
肉野菜炒め(670円)。
やじ満さんでは、お店のお姉さんが「麺少なめ」「味薄め」などお客さんの好みを覚えていてくださって、注文しないでもそれに合わせて厨房に伝えてくださったりします。
 
僕の場合「ボリューム少なめ」で覚えていてくださっているのですけど、この日はレギュラーサイズでお願いしました。
 
なのでちょっと、山。
 
野菜なのでモリモリ食べられますけどね!
 
椎茸、きくらげ、タケノコあたりもしっかりたっぷり入っています。
 
シューマイと肉野菜炒め、やじ満さんではこれが1番食べてきた組み合わせだと思ったのですよね。
 
そして、あれば必ずお願いしてきたお味噌汁。
 
お姉さん特製で、1日に作る量が本当に限られているので朝イチの数人しかいただけないのですよね。
無事にいただくことができて幸いでした。
 
というわけで、1番食べてきたメニューで思い出作りができました。
またチャンスがあれば好き勝手に食べたいものを注文しようと思います。

荻窪の「吉田カレー」でMIX(ローストポーク、ポテトサラダ、キーマ、中華アチャール)。

お昼は荻窪の吉田カレーさんへ。
 
久しぶりにポテサラがあるということで狙って伺ったのですけど、行列に並んでいる間にお店のTweetでもう1つスペシャルがあることが判明…!
汗をかきかき楽しみに待てました。
 
ちょっと長い注文になったので緊張しながら伝えましたが、
 
1つ言い忘れました( ゚Д゚)
 
しかし「注文後の追加は禁止」という鉄の掟を思い出して固まりました。
 
MIX(ローストポーク、ポテトサラダ、キーマ、中華アチャール)。
 
なぜだか吉田カレーさんの辛みに弱くて、ずっと甘口を注文していましたが、中華アチャールとMIX甘口多めを混ぜて食べると大丈夫ということに前回気が付いたので、今回は1歩進んでMIXにしてみました。
 
今回の追加スペシャルだったローストポーク。
なんと盛り付け前にフライパンで両面を焼き付けていらっしゃいました。
 
香りが段違いに出ますね。
というかカウンターくらいまで香りがムンムンくるので、注文していない人も結構味わえていたのではないかと思います。
 
久々ポテトサラダ。
複数のジャガイモを使って、淡い黄色が特徴的。
 
ほんのり甘みと、素朴なジャガが強めの味わい。
 
こちらのポテサラはこちらのカレーに合うのですよねえ。
 
キーマやアチャールとも合わせて色々楽しみました。
 
中華アチャールはキャベツ、ピーマン、人参。
 
上述した通りカレーと混ぜていただきます。
さらに言うと、注文を言い忘れたのは中華アチャールの「ダブル」。
辛さを抑えるのに守りに入ろうとしていたのですけど、結果「シングル」でまったく問題ありませんでした。
 
ただ単純に中華アチャールをダブルでいただきたかったですけどね!
 
卵黄の下にキーマが隠れています。
この辺りはMIXの内の辛口が注がれたゾーンで、赤みがかった油が浮いているのが分かります。
 
反対サイドに盛り付けられたアチャールをこちらへ移動させて入念に混ぜていただきました。
 
事前に他の方のTweetで予習済みでしたが、ローストポークはカットしたり噛み切ったりするのに苦労しました。
スプーンではどうにもならなかったので、珍しく卓上にあるお箸を利用して"巧みに"食べ進めましたとさ。
 
ご主人のTweetを拝見する限りでは、ポテサラは今後結構登場しそうなのでまた楽しみにしていたいと思います。
ごちそう様でした!

【広告】