lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

食べ歩きの記録です。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

四谷三丁目の「トラノコ」でたまごたっプリン、ココアシフォンケーキ練乳クリーム添え。

12月11日(水)、平日休みだったこの日は市場もお休みなのでのんびりスタートして四ツ谷へ。

久しぶりにトラノココーヒーさんへお邪魔します。

 

SNSでフォローしてもされてもいないのですけど、たまに僕の投稿にいいねをくださって、そのたびに思い出してしまったりするのですよね。

マメな"いいね"って現代の飲食店では意義のあるスキルなのかもという気も。

 

f:id:lockandgo65:20200122214736j:plain

今回はテーブル席に着席。

 

コーヒーはこの頃ハマっていたケニアからングルエリ。

ンから始まる珍しい地名ですね。

 

f:id:lockandgo65:20200122214747j:plain

ケニアというと苦味とか香ばしさにキレがあるイメージなのですけど、こちらはエチオピア系の豆に近いような甘み寄りの旨み、香りがよく出ていました。

 

好みのバランス。

 

f:id:lockandgo65:20200122214820j:plain

お菓子は2種類。

 

定番のプリンを食べたかったのですけど、気分的にシフォンケーキも気になってしまったのですよね。

 

f:id:lockandgo65:20200122214758j:plain

ココアシフォンケーキ練乳クリーム添え。

かっる~い食感で、少しもっちり。

 

ココアの風味は軽めで、カカオの油脂分もあってか舌触りはしっとりしています。

 

f:id:lockandgo65:20200122214809j:plain

クリームが練乳なところがミソ。

 

ココアと練乳ってあまりイメージがありませんでしたが、コクの強い甘みがよく合っていました。

 

f:id:lockandgo65:20200122214707j:plain

たまごたっプリン。

 

まず名前のインパクトが光りますが、メニュー名、ビジュアル、食感がぴったり一致するようなプリンなのですよね。

 

f:id:lockandgo65:20200122214717j:plain

カラメルソースが綺麗に覆った表面。

エッジの立った角からも分かるように、ぷりっと張りのある食感の固めプリンです。

 

卵たっぷりの名前に恥じない、黄身の甘みと、その香り。

プリン好きが好きになりそうなプリンでした。

 

f:id:lockandgo65:20200122214729j:plain

というわけで、コーヒーも甘いものも大満足。

 

毎回新しいお菓子を食べたいと思いつつ、プリンは食べてしまうな!と振り返りながら、ごちそう様でした!

東銀座の「ビストロ・ヌガ」で岩中豚のグリル、白身魚と帆立貝のクネル、マッシュルームとクレソンのサラダ、ウフ・マヨネーズ。

12月10日(火)、師走に入り、クリスマスが段々近付いてきて浮足立ったこの日は、会社帰りに銀座方面へ寄り道します。

 

f:id:lockandgo65:20200119205118j:plain

ビストロ・ヌガ。

ワインバー・シノワと姉妹店ということでワインも充実したビストロ。

2008年オープンということで、もう10周年も過ぎたお店ですね。

 

f:id:lockandgo65:20200119205131j:plain

メニューはアラカルトで選択肢が多いので、楽しみながら選ぶことができます。

 

前菜、主菜、幅広くバランスを考えて決めていきます。

 

f:id:lockandgo65:20200119205143j:plain

ウフ・マヨネーズ。

ゆで卵と自家製マヨネーズを合わせたシンプルな前菜。

 

お店のことを調べていて気になっていたメニューのひとつだったのですよね。

 

f:id:lockandgo65:20200119205153j:plain

しっかり固ゆでの卵は、黄身が濃い味。

シンプルで王道の前菜ですね。

 

マヨネーズは、濃厚ながら空気を含んで軽い口当たり。

 

f:id:lockandgo65:20200119205200j:plain

マッシュルームとクレソンのサラダ。

 

続いて野菜もたっぷりいただきます。

うずたかく積まれたクレソンの山が目につきますが、 

 

f:id:lockandgo65:20200119204950j:plain

マッシュルームのスライスもぎっしりです。

 

個性の強いクレソンの香りと、穏やかなマッシュルームの香り。

 

f:id:lockandgo65:20200119205000j:plain

白身魚と帆立貝のクネル。

 

「クネル」って前々から存じ上げてはいたのですけど、これまでいただく機会なくここまで来てしまったのですよね。

 

f:id:lockandgo65:20200119205011j:plain

要するに魚のすり身で作った練り物みたいなことなのですけど、出てきてびっくり。

 

帆立も加わってものすごい香りが噴き出しています。

ブイヤベースの中に飛び込んでしまったような香りの満ち方です。

 

f:id:lockandgo65:20200119205023j:plain

近いものでいうと、はんぺん。

 

これ自体はほんのりとした香り。

しゅわしゅわっと、やや軽めの詰まり具合で、ソースを絡めとりながら口の中で消えます。

 

f:id:lockandgo65:20200119205037j:plain

岩中豚のグリル。

 

ガッツリお肉のメインで〆ます。

時間がかかると注意書きのあった厚切り豚肉のグリルに、ソースは鉄板のマスタード。

 

f:id:lockandgo65:20200119205056j:plain

厚切りがさらに、内側から圧がかかっているようにパンパンに膨らんでいます。

 

網目の焼き色に、カリカリに仕上がった脂身が食欲をそそりますねえ。

 

f:id:lockandgo65:20200119205108j:plain

岩中豚は、特定の菌を持たないという特徴を活かしてレアめで出すお店も多いSPF豚なのですけど、こちらはまあまあしっかりした火入れ。

豚の淡白な味がしっかり出ているという感じ。

 

少し酸のある感じがマスタードソースによく馴染みます。

 

というわけで、ちょうどいい料理が揃った使い勝手のよさそうなお店でした。

また他のメニューも試しに伺いたいなと思いながら、ごちそう様でした

四谷三丁目の「月曜喫茶」で中煎り、チーズケーキ。

12月9日(月)、この日は仕事帰りにコーヒーをいただきに四谷三丁目へ。

 

やってきたのはいつもの「猫廼舎」さん、と見せかけて、猫廼舎さんは月曜なので定休日。

 

f:id:lockandgo65:20200119194850j:plain

月曜喫茶。

猫廼舎さんのスタッフさんが、定休日の店舗で12月の月曜日に間借り営業していらっしゃったのですよね。

分かりやすい店名。

 

猫廼舎さんのコーヒー豆を一部使われているようでしたが、基本的にオリジナルメニューを用意されています。

 

f:id:lockandgo65:20200119194900j:plain

コーヒーとチーズケーキを注文。 

 

食器も猫廼舎さんのものではなく、自前で用意されたそうです。

雰囲気が変わりますね。

 

f:id:lockandgo65:20200119194913j:plain

自家製のチーズケーキ。

 

普段の猫廼舎さんのものよりやや大判のようです。

ご本人的にはやや焼き込みすぎたそうですが、断面を見る限りほどよい火入れ。

ジャムを添えてくださっています。

 

f:id:lockandgo65:20200119194921j:plain

中煎りのコーヒー。

これだけ猫廼舎さんのものではない豆をお使いだということで、せっかくなのでこちらをチョイス。

 

しっかり苦みがあってちょっと香りがフルーティーですが、丁寧なドリップで旨みも引き出してあります。

 

f:id:lockandgo65:20200119194824j:plain

主張は強くないものの、少し酸味が効いてバランスのよい味。

 

コーヒーと合わせても収まりのいいチーズケーキです。

 

f:id:lockandgo65:20200119194836j:plain

しゅんわりやわらかなチーズケーキ。

 

また次回営業はメニューをガラッと変える計画もあるということで、別のスイーツも楽しみにしながらごちそう様でした!

【広告】