lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

食べ歩きの記録です。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

豊洲の「小田保」でカツサンド。

10月27日(土)、この日はまず小田保さんからスタート。
 
メニューを見て注文を決めたところで店員さんを呼びます。
 
ところが、店員さんがいらっしゃる直前に、黒板メニューにだけ書いてある、あるメニューを思い出してしまうという…。
 
呼んでおきながら「ちょ、ちょっと待ってください」と待たせてしまいましたが、結局あとで思いついた方へ変更。
 
そのメニューは…、
 
カツサンド(850円)。
 
築地時代は場外の築地魚河岸店限定のメニューでしたが、豊洲では場内でもスタート。
 
とんかつ屋さんですから、カツのクオリティは間違いのないもの。
 
分厚いロース肉は、端にプリッとこれまた厚みのある脂身。
 
ソースとキャベツと一緒にサンドされています。
 
メインはカツ、パンは手で掴むためのもの、甘いソースとキャベツの食感。
 
「カツサンド」のいいところが詰まったようなカツサンドでした。
 
初めてカウンターに座りましたが、厨房の調理がよく見えてそれも新鮮で興味深かったです。
 
ごちそう様でした!

荻窪の「ねいろ屋」でぶどう、シャインマスカットカスタード。

カレーを食べた後はかき氷を食べたくなりがちなので、荻窪へ移動。
 
この日は14時~15時の間はかき氷のみの注文が可能ということでしたので、その時間を狙って訪問した次第です。
 
メニューを見て、季節っぽいものをということで即決。
 
1品目は…、
 
ぶどう(1000円)。
 
ピオーネとブラックオリンピアの2種。
 
思ったより淡い色合いでしたが、食べてみるとしっかり重みのある甘み。
 
甘み寄りのぶどうの香り。
 
メインで感じるのは甘みですが、酸味やビターさもある複雑な味の重なりは2種使いの賜物なのかも。
 
ねいろ屋さんらしい、果物の香りを全面に放散するシロップでした。
 
シャインマスカットカスタード(1300円)。
 
ぶどうがダブってはしまうものの、シャインマスカットも食べておきたかったのと、カスタードも気になったので注文。
 
カスタードの氷にシャインマスカットをごろごろとトッピング。
 
写真でもはっきり色が違うのが分かるのではないかと思いますが、シャインマスカットは2つのランクのものをお使いのようでした。
 
香り自体はどちらもそれほど強くなく、黄色い方は皮の歯応えがなかったのでシャインマスカットの面では物足りなさを感じました。
 
スプーンは独特。
初めて当たったとものだったと思います。
 
スプーンの形も相俟ってか、"バニラアイス"を食べているような感覚になりますね。
卵氷という感じで、甘みがまろやか。
 
たまに食べたくなってしまいそうな、落ち着く味わいでした。
 
合わせていただくと、カスタードが勝ちますね。
 
卵感、いい。
 
さらに食べ進めると黄色の方のシャインマスカットが奥にゴロゴロ。
 
この辺りはふんだんな量です。
 
さすがに安定しないのか、シャインマスカットは途中でぽろぽろと落ちてきますが、慣れてくると落ちそうなところからパクパクと食べ進めて落とすことなくいただけるようになりました。
 
シャインマスカットはちょっと満足のいくクオリティのものではありませんでしたが、代わりにカスタードの方がいい印象でした。
1杯目のぶどうの方はビターさのある香りがとてもよかったですねえ。
 
次回はどんなメニューがあるでしょう、と思い描きながらごちそう様でした!

東新宿の「サンラサー」でわんぱく(ネパール山椒のキーマカレー、南インド風手羽元ほろほろカレー、レモン・へべす・大根・長芋・牡蠣のアチャール他)、小豆とくるみのクリームブリュレ。

お昼は東新宿のサンラサーさんへ。
 
開店時間過ぎに着くとちょうど店内満席で、2巡目の先頭のポジションでした。
 
最初のお客さんが出てきたところで店内へ。
 
ちょうど1周目で召し上がったみなさんが「美味しかった」と感想を述べられているタイミングだったので、空腹を極めながら待っていると…、
 
お料理が登場。
 
わんぱく(ネパール山椒のキーマカレー、南インド風手羽元ほろほろカレー、レモン・へべす・大根・長芋・牡蠣のアチャール他)。
 
「わんぱく」は、その日のカレー2種とアチャール全種類を盛り合わせたメニュー。
 
さらに仕上げの炙りチーズは単体での注文ができないので、わんぱく限定のトッピングということのようです。
 
牡蠣のアチャール。
 
アチャールということで、少し酸味のある味付けが独特です。
 
南インド風手羽元ほろほろカレー。
トマトがさわやか。
 
手羽元はスプーンで上手いことほぐしながらいただこうかとも思いましたが、荻窪でのロースポーク事件が頭をよぎったので、手で掴んでかぶりつくことに…
 
しようかと思ったら、本当にほろほろにほぐれるのですね。
 
メニュー名に偽りなし!
 
この日のアチャールは、レモン、へべす、長芋、大根。
 
へべすのスーッと抜ける爽快な香りがいいですねえ。
 
サラダのドレッシングはキウイ。
 
想像と違って酸味があまりないタイプでしたが、香りがキウイのそれで、あまく食べやすいドレッシングでした。
 
メニュー表記は「花椒」になっていましたが、この日はネパール山椒だったそう。
 
写真でもホールの山椒が入っているのが見えるでしょうか。
 
山椒がパッチパチ口の中で弾けて、痺れるというよりさわやかな香りが広がりました。
 
濃厚な肉の脂をさらりとかわすような、涼やかな山椒の香り。
やめられない止まらない味わいでした。
 
小豆とくるみのクリームブリュレ。
今回はスイーツもいただいてみようと思っていたのですよね。
 
食べ終えたカレーのお皿を避けながら端っこでブリュレの写真を撮ろうとしていたら、「待って今お皿片付ける!」と店主さんのお気遣い。
 
カツンコツンとキャラメリゼを割って、いただきます。
 
やさしい甘みと、色合いもやさしくほんのり小豆色でしょうか。
 
くるみがコロコロ、底の方には小豆も沈んでいたと思います。
小豆って牛乳との相性がいいからか、洋のお菓子でもよく合いますねえ。
 
素朴で、材料の特徴がよく出たブリュレでした。
他のブリュレ、他のスイーツメニューも気になってくる次第です。
 
というわけで、今回もスパイスの香りに包み込まれるようなやさしいカレーでした。
「みんなのお母さん」「お母さんのカレー」と呼ばれるのもうなずける、カレーと、店主さんなのでした。
ごちそう様でした!

【広告】