lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「米花」で葱鮪煮、白菜とつくねとホンビノス貝のスープ。

2月1日(月)、バタバタした日が続きましたが、普通のウィークデーに戻ってきました。
週初めは米花さんで、いつものみなさんと・・・


と思いましたが、この日はいつものメンバーのうちお2人が欠席。
いつもモンスター級の活躍を続けるお2人ですが、人間らしいところもあるのですね( ̄▽ ̄)


この日はダブル主演!
左は葱鮪煮、右は白菜とつくねホンビノス貝のスープ。

スープがメインなのに、お先に召し上がっているSさんのところにお味噌汁も来ている気がしましたが、気のせいということにして食べ始めます。


葱鮪煮。
今年の定番おかずになっているこちらですが、毎回少しずつ違いがあるのですよねえ。


この日はややバラけた身がぎっしり入っていました。
身は締まり気味ですが、出汁に浮かぶ脂の量で煮る前の脂乗りを伺い知ることができます。


コラーゲン質を感じる重めの脂。
またこれを吸ったネギが素晴らしく甘く旨く仕上がっていました。

この日はまぐろばっかりで、もっとネギが欲しい!という贅沢な文句が浮かんだほど。


スープも白菜が甘い甘い。
以前米花さんで「娃々菜」が出たことがありましたが、これもそうだったりして。
それくらい甘かったです。

大きなつくねから出る鶏出汁をベースに、ホンビノスのまろやかな磯の香りが乗ります。


縁に付けてあったらしき多めの柚子胡椒はいつの間に自然全投入。
母性溢れるようなやさしさから、じわじわと刺激的なおてんばスープに変貌を遂げました。


気のせいではありませんでした。

つくね、ホンビノス、葱鮪、そして水攻め(?)と、米花さんらしさ、米花さんの冬らしさを満喫できた朝でした。
ごちそうさまでした!

【広告】