lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

銀座の「セントルザベーカリー」でオムレツサンドイッチ。

喫茶アメリカンのタマゴサンドをチョイスしたのはちょっとフリでして、お次はこちら。
 

セントルザベーカリー。
VIRONの手がけた食パン専門店だそうです。
VIRON関係でいうと「みんなのぱんや」さんがかなり好みでしたし、ちょっと期待です。
 

お店自体は10時オープンですが、お目当てのサンドイッチは11時からの提供なので少し周辺で時間を潰してから入店。
 
BGMはパリの街を思わせるもの、椅子はふっかふかでとても座り心地が良かったです。
厨房には結構な人数がいらっしゃって、手際よく料理されているのを見ることができます。
 
トーストメニューではトースターまで選べるというこだわりっぷり。
エンターテイメント性がありますね。
ただお客さんがトースターを自分の席まで運んできて座席の下のコンセントにつなぐので、おしゃれな床のところどころにコードが敷かれていて、ちょっとシュールでした。
 

オムレツサンドイッチ(840円)。
これでもサンドイッチメニューでは一番安価。
最高値はビフカツサンドで6300円。
 
食パンは3種類あるそうですが、こちらのメニューは国産小麦を使って作ったもの。
 

焼きたてのパンを使用しているのでほかほかでほわんほわんに柔らかいです。
わりと甘めのパンでした。
 
オムレツは、表面はちゃんと焼かれていますが、内側はほのかに半熟。
パンにマヨネーズを塗ってからオムレツをサンドしてあるので、酸味とコクが加わっています。
 
6個の一口サイズにカットしてあるので、とても食べやすいです。
 

こ、こ、これ、美味しいですー。
パンの味、卵の味、パンの食感、卵の食感、全てがベスト。
マヨネーズがあることでなんだか素朴な懐かしさが感じられます。
 
他メニューも色々用意されていますが、あまり興味が出ないほどこのオムレツサンドがドストライクでした。
 

サンドイッチを作る際にカットされた耳もいただけます。
耳とはいっても焼きたてパンなので美味しいです。
 
ただ食べ終わり頃には冷めてきていて、既にちょっと固くなってきました。
やっぱりパンの寿命って短いですねー。
 
サンドイッチとしてはやや高めの値段設定ですが、一流のパンを使って丁寧にこだわって作られた一品です。
想像よりも美味しいサンドイッチでした。

【広告】