lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

渋谷の「ゴントランシェリエ」でモンブラン。

原宿でランチ2軒にフラれた日、実はモンブランにもフラれまして流れ流れてこちらへ。
 

ゴントランシェリエ。
こちらはパリで若手のホープとして期待されるシェフの日本1号店。
渋谷の一等地にありオープン当初から行列の絶えない人気店です。
 
オフ会の帰りなんかにLIBRAさんと二度ほど立ち寄ったことがありましたが、二人とも何も購入しないという・・・w
いつもレジが行列しているのが難点なのですよね。
 
1階に簡単なイートインスペースもありますが、この日は2階のカフェレストランスペースへ。
 

モンブラン(500円)。
二度見してしまうヴィジュアルですw
 
この値段のケーキでちゃんとデコレーションしてくれるのも嬉しいですね。
苺ジャムとピスタチオですが、意外とこれ、ちょんちょん付けて食べると合っていてよかったです。
 

普通ベースに使われるメレンゲがトップにきています。
どう食べるか迷ってしまいますが思い切ってフォークを突き立ててみます。
 

メレンゲはとても軽くサクッと割れました。
中も見るからに美味しそう、いい感じですねー。
 

断面はこちら。
 
軽ーい食感のメレンゲはシュワシュワーと口の中で消えてなくなります。
 
マロンペーストはお酒のしっかり効いたやや甘めのタイプ。
これはフランスっぽさを思わせますね。
 
クリームシャンティにはバニラビーンズがたっぷり入っていて香りがいいです。
 
マロングラッセも無駄に大きすぎずそれ自体主張はないのですが、しっかりとした食感、香りでこれがあるだけでちょっとリッチな気持ちになれましたよ。
 

ベースにはこんなクッキーが。
甘さ控えめの素朴なものでした。
 
洋酒の効いたマロンペースト、メレンゲ、クリームシャンティというモンブランの基本形に倣いながらも自己流に少し崩した、フレンチ料理を思わせるようなモンブランでした。
しかも日本人の舌に合うようにアレンジされているのでしょうねー。
これで500円というのはかなりいいと思います。
 
さすがフランスの次世代のホープですねー。
立地の良さだけでなく、人気が絶えないのも頷けるお店だと思いました。

【広告】