lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

田町の「minobi」でサンマとモッツァレラとラタトゥイユのパートフィロ包み焼き、サーモンのミ・キュイ、デザート3種。

というわけで先週の土曜日にminobiに行ってきました。
12時前に伺ったのですが、ちょうど満席になったところなのだそうで、1時間以上待ってからようやく入店できました。
 
フロア担当のAさんはこの次の日が最終日、デザート担当のKさんは10月15日までとのこと。
オーナーとシェフも「Kさん」ですけどねw
 

まずは信州産完熟りんごジュース。
最初にスッとりんごの甘い香りがし始めたと思うと口の中にジュワーッと甘みが広がります。
後味はすっきり。
 
完熟らしい強い甘みと爽やかな後味で、美味しいジュースでした。
 

かぼちゃのポタージュスープ。
少しザラリとした食感を残しつつもトロリとクリーミーなスープ。
かぼちゃの風味抜群です。
 
あっつあつでした。
 
ここでパンが登場。
 

僕仕様のサイズです(笑)。
 
いや、実際足りますけどね。
 

ちゃんとしたの?もいただけました。
毎度ながらさっくりのクラストとむっちりのクラム、素朴で淡泊な味わいでバターもよく合います。
 

前菜はサンマとモッツァレラとラタトゥイユパートフィロ包み焼き サラダ添え。
サラダの盛りも僕仕様にしていただけました。
 

薄さからは想像できないパリッとした力強い食感の中に、サンマ、モッツァレラ、ラタトゥイユ
旬のサンマは脂が乗ってジュンワリとジューシー。
パートフィロのバター感が加わり、モッツァレラとラタトゥイユが絡むことで、濃厚な旨みと甘みが合わさります。
 
メインはシェフと色々話をした結果、「前菜で出しているサーモンを出してあげようか?」とのことでそちらをお願いすることに。
 

サーモンのミ・キュイ。
皮目はカリッカリ、火の入った身はジュワーッと脂が溢れ出し、生の身はとろーんととろけます。
 
白いソースはマヨネーズっぽくて何かと思いましたが、サワークリームでした。
ピンクペッパーと合わせてサーモンとの相性がいいですねー。
 
そしてこの日のメインは、デザート!
Kさんのデザート食べ納めでございます。
 

巨峰のゼリー、カシスのダックワーズ。
 
カウンター越しにKさんの巧みな手さばきも見納め。
Kさんが決め顔で最後の粉糖を一振り・・・から表情が一変。
口を大きく開けて3秒ほど固まってから、なぜかそのお皿を除けて新しく一皿作り始めました。
 
後で聞いてみたら「塩をかけちゃった。」そうですw
「こんなの初めてー。」と仰っていましたよw
 

ぶりんと固めな仕上がりのゼリーはワインを思わせるような気品高い風味。
ジューシーさが9割以上を占めるような巨峰も甘みが深くて美味しいです。
 

しゃくっとしたダックワーズ生地の上にカシスのソルベ。
その上はアイスではなくてクリームチーズ。
 
カシスとクリームチーズの組み合わせって珍しいですか?と尋ねると「ブルーベリーとクリームチーズが合うように、結構合うんですよ。」とのこと。
クリームチーズの濃厚さの後味にカシスの酸味、そこにダックワーズのナッティな素朴な甘みが加わってバランスの良い味に仕上がっていました。
 
ただ、クリームチーズとソルベの口どけのスピードが違いすぎるのでクリームチーズばかりが残る感じなのが少し気になりました。
 
味はとてもよかったです。
 

林檎のタルト。
注文を受けてから20分かけてオーブンで焼き上げてくださいます。
 
デザート3品目にして、このボリューム。
 

あっつあつのタルトの上でアイスがドンドン融けていきます。
このアイスはまたバニラビーンズたっぷりで香り豊か、風味濃厚。
林檎は薄くスライスして重ねてあり、一番下の薄い層がパイ生地になっています。
 
パイ生地は周縁部はサックサクのパリッパリ。
バター感が美味しいクロワッサン以上に濃厚で美味しいです。
底面部はクレープ生地のようにモッチリ。
 
食べ応えもガッツリですが、美味しすぎて食べ切ってしまいましたw
 

ちなみにこちらもオーナーKさんからのサービス。
「突っ込んでくれ」オーラがギラギラで、こちらも常にアンテナを張っておかなければなりません(笑)。
 
食後はコーヒーをいただきました。
この日は忙しい時間だったためか、ちょっと焦げたような苦みがありました。
ただ、その後カモミールティーのサービスまであって満足のランチでしたよー。
 
結局この日のランチ終了の時間まで居座ってしまいましたが、ゆっくりお話しできてよかったです。
「今ならAちゃんとハグしても大丈夫だぞ!」というシェフ2人の謎の振りもありましたが、それはまたの機会に、と丁寧にお断りしましたw
Aさんも本気めの苦笑いでしたしね。
 
Aさん!新しい舞台で楽しい日々を送ってくださいね!
そしてデザートのKさん!また最終日までに伺えたらいいのですがー。
 
何にせよ、いいお店です。

【広告】