lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「かとう」で新さんま塩焼き、お新香。

この日はこの後予定があったので7時オープンの「高はし」さんは避け、既に開いていてするっと席に着けそうな「かとう」さんへ。
このはしごが後々多大なご迷惑をおかけすることになるとはつゆも知らず・・・。
 
ちゃきちゃきお姉さんが復活していらっしゃいました。
牡蠣も始まっていて、しばらくお休みしていた揚げ物メニューも復活しているのだそう。
お姉さんが帰ってきたと思ったら、こちらのお店「倍返し」でパワーアップです。
 

注目していただきたいのはメニュー右下。
今シーズンはこちらで2度ほどサンマをいただきましたが、2週間ほど前から(大)が付いているのですよね。
一応お姉さんにさんまと鯖と、どちらが今はいいですか?とお尋ねすると、即答で「さんまだね!」とのこと。
 
注文を済ませ待っていると、5人の団体様を通すために席を移動することに。
案内された先は、先日から話せそうで話せていなかったハートランドさんのお隣。
ようやくお話しすることができましたよ。
 

新さんま塩焼き(1300円)、お新香(300円)。
結局定食と同じ値段です(笑)。
 

確かに最初のころいただいたものに比べて大きくなっています。
 

焼き色もしっかりめになっています。
運ばれてきてもしばらくはぐつぐつパチパチ脂が弾けます。
 
ハートランドさんがすかさず横から幅を測っていらっしゃいました。
 
炭火ではないので、あくまでも家庭で食べるさんまの延長線上にあるタイプの美味しさ。
脂をたるんたるんに蓄えた身を貪ることができます。
 
さんまの脂を味わうにはこちらが一番いいかと思います。
旬のさんまですから、健康面を一時忘れてこんなのをかっ喰らうのもいいものです。
 

お新香はあっさりしたもの。
素材の食感がしっかり残ったサクッシャクッとした噛み応えの気持ちいい一品でした。
 
さんまもそろそろピークは過ぎそうですかね。
次はかきどうふかカキフライか、迷ってしまいます。
お隣で召し上がっていたハートランドさんのかきどうふ、身体が温まりそうでしたし寒い日にぜひ食べたいですね。
ハートランドさん、またご一緒しましょう。
 
さあさあ、急いで東京駅に向かいますよ!

【広告】