lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

清澄白河の「il tram」で11月のコース。

この日はお誘いいただいていたので、夜は清澄白河のイタリアンil tramへ。
11月のコースをいただきましょう。


この日は3人での訪問。
前回の10月のコースは11月に入ってからいただいたので、スパンをあまり空けずに再訪となりました。


何となく流れでミネラルウォーターを注文。
中硬水だそうですが、やわらかな口当たりでちょっと甘みを感じる美味しい水でした。


まず自家製のフォカッチャをいただきます。
料理に合わせるものとしては問題ないかもしれませんが、個人的には甘みのある岩塩なんかが効いてくれるとより好みになりそう。


様々な茸のブロード コラトゥーラ すだち。
これは10月のコースと同じものですね。

まずは袋を開けまして・・・


香りを満喫!

すだちを搾ると一気に「和」に寄ってきます。
ポン酢みたいな雰囲気。


岐阜産 宿儺カボチャのパンナコッタ 自家製トマトを添えて。
定番のパンナコッタ、今月はカボチャです。
今回のフライドオニオンはペコロスだそうです。


バルサミコやオニオンの中でもカボチャの甘みが活きた味の構成。
パンナコッタのクリーミーなコクが後を引きます。


仙鳳趾産 牡蠣のプレコット 胡瓜と香草。
半生に仕上げた牡蠣に胡瓜、昆布、ディル、ピンクペッパーのソース。


一見和風っぽくなりそうですが、ビネガーと胡瓜の組み合わせはピクルスに近い感じ。
胡瓜のコリコリの食感、昆布の粘りと旨み、ピンクペッパーの華やかなアクセント、味以外の面でかなり広がりのあるソースです。


半生仕上げの牡蠣は甘みを引き出しながら磯っぽさが残って、食感はちゅるりとほぼ生な感じ。

これ、抜群でした。


野生エノキの温製 半熟卵 舞茸とイタリア米のソース。
こちらも前回いただいたものと同じですね。


シェフとしては野生エノキ推しの料理なのだと思うのですけど、トリュフオイルを効かせたイタリア米のソースがインパクト大。
濃厚な卵と絡めて、洋風卵かけご飯をいただいているようなイメージ。
そしてこの卵は白身が美味しいのですよねえ。

毎月月替わりのメニューをいただきに来ているので、メニューは変化がある方がやはり嬉しいですが、それでも美味しくいただけました。


チコリの1時間ローストとゴルゴンゾーラ・ピカンテ。
これは毎月メニューに入っていますが、これは毎月嬉しいです( ̄▽ ̄)(笑)


シンプルな調理でこの複雑な味わい。
印象的でありながらはっきりとは残らない味、すぐまた食べたくなるのですよね。


ゴルゴンゾーラや松の実との組み合わせも秀逸で、むしろこちらメインでチコリが風味付けのハーブだと思っていただいてみるのも面白かったです。

たまらんですな!


美明豚サルシッチャ・ウイキョウ・ゴボウのラグー タリアテッレ。
トマト煮込みのサルシッチャ、ソースに全く負けない豚の旨みがとても力強いです。
昔どこかでいただいた爽やかな香りの肉の煮込みを思い出したのですけど、あれもフェンネルだったのかな?
馴染みのない組み合わせなのですけどしっくり来るから面白いです。


タリアテッレは丸みと厚みのあるもの。
ゴリッと男勝り茹での歯応えがやはり好み。
このパスタ、惚れますよ。


フランス産 鴨胸肉のロースト グリーンペッパー風味のポレンタ。
今月のメインは鴨。

ソースは栗の花の蜂蜜なんかも使っているとのことでしたが、かなりペッパーが効いていてホットでした。


カリッと焼き上げた皮目とジュジュッとレアな赤身。

もう少し火が入っている方が身の口どけは良さそうですけど、こういった感じは初めていただくもので面白かったです。

終始熱い話になってしまったのが意外でしたが、濃密な時間を過ごすことができました。
ありがとうございました!
またご一緒できるのを楽しみにしています♪

【広告】