lockandgo65

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「小田保」でカキミックス。

10月3日(月)、10月1日からシーズンの始まった牡蠣が気になったので、この日は小田保さんへ。
空席の目立つちょっと早めの時間に到着し、カウンター席に座ります。

壁のいつもの位置に品札がかかっておらず、まだ出始めで牡蠣の値段が高いと伺っていたので諦めかけて今日のホワイトボードメニューを確認すると・・・


あった!あったあった!
ここ最近では1番といってよさそうなほどこの日の「スペシャル」は充実していましたが、他には目もくれず注文します!


思ったよりもカキフライ定食やカキミックス定食の注文は少ないようでしたが、
「カキフライ1つ乗っけて」
は1度や2度じゃなく聞こえてきました。

ちなみに外国からのお客様と思われるカップルはマグロ刺身を注文。
結構小田保さんで刺身系を注文する海外のお客さんって多いのですよね。
狙ってきているのか、たまたま入っているのか。


カキミックス。
小田保さん的には小振りの牡蠣ですが、家庭レベルで言えば最大級。
最盛期だとこの時点で磯の香りが来るイメージですが、今回はそれはなかったように思います。


カキバターは3つ。
バターに牡蠣のエキスが浸みるほどではありませんが、中に詰まった旨みはシーズン終盤よりもむしろ上かも。
味、香りともに濃いです。


カキフライはちょっと見づらいですが奥に1つ隠れていて全部で4つ。
最終的にはこの2.5倍くらいの大きさになるかな、という感じのサイズ感。


細長いのや丸っこい(三角形っぽい?)のなど形も様々。
まだモノが揃っていないのでしょうねえ。
いやしかしシーズンがもう少し進むと逆にこういうのはいただけなくなるわけですから、今のうちにいただいておかなくては!


やっぱり身は小さくジューシーさにも欠けますが、とにかく味が濃い!
牡蠣の香りを感じるのには全く問題ない、というより持って来いの濃厚カキフライでした。

牡蠣のジューシーなエキスが溢れてこなかったのですけど、決して揚げすぎているのではなくもともとの水分量が少ないように感じられました。
揚げはプルッとレア感も残した仕上がりで、さすがのお仕事でした。

まだまだシーズン始まったばかりですが、これからどういった変貌を遂げていくのか楽しみな限りです。
ごちそうさまでした!

【広告】