lockandgo65

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「小田保」でサバフライ。

10月14日(金)、この日は10時に代々木上原集合の予定があったので築地でササッと朝ごはんをいただいてから向かいます。
早い時間にササッと、といえばお店は限られてきますが、今回は小田保さんへ。
先日フラれてしまったので今週は行かれていなかったのですよね。


おはようございます!と1番手前のおひとり様席に着きます。
黒板メニューから注文した品は残念ながら売り切れてしまったそう。
お兄さんによると「今はサバかサンマだけです・・・」ということだったので・・・


サバフライ(800円)。
以前いただいた際は脂の少ないゴマサバのような感じで、青魚の「香り」に重点の置かれた印象だったのですが、今回はいかに。

前回と同じく半身揚げですが、2分割から3分割に変更されていました。


凄まじい大きさだった前回ほどではないものの、こちらもまあまあのボリュームがあります。
入口近い席なので外光頼みの照明感なのですが、朝早くは随分暗く感じられるようになってきた今日この頃とあって写真が暗く感じられますね。


断面はこんな感じ。
今回もゴマサバかな?
脂がすごい!というほどではないものの、写真でも分かる通り腹側の皮下脂肪はプルンと付いていて脂の甘みを感じることができました。

今回も基本的には爽やかな青魚の香りが目立っていて、揚げ油と衣でまろやかに角を取るような味のバランス感でした。

毎日ホワイトボードに載るようなメニューでも、日によってモノが全く違ったりするのが小田保さんの面白いところのひとつ。
また珍しいメニューは1度食べたことに慢心せず、果敢にリトライし続ける気持ちも忘れないようにしたいと思います。

【広告】