lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

恵比寿の「トシ・ヨロイヅカ」でユングフラウ。

みなさんが行かれていて気になったので、トシ・ヨロイヅカまでモンブランを食べに行ってきました。
意外と駅からは辺鄙なところにあるんですね。
イートインスペースがまた、店先にテーブルと椅子が置かれたのみで、後はご自由にといった感じw
これはお一人で利用しにくいタイプですね。
 
店内は平日の昼過ぎとはいえお客さんはパラパラ入れ替わりながらまあまあ賑わっています。
今回は和栗、洋栗どちらにするかくらいしか迷わない予定でしたが、
みなさんのブログや食べログで見たことのあるケーキを実際目の当たりにして目移りしてしまいましたw
 

白と黒で統一された箱がかっこいいですね。
イートインスペースは先客が一組同世代くらいの派手な女性二人組でしたので、
この上なく居心地が悪い。
 
少なくとも写真を撮るには最悪の状況で・・・w
 
ただ、この時期の外にもかかわらず、ヒーターパラソルという心強い武器が用意されており、
とても暖かいです。
ブランケットまで出してもらいましたが、それは男として恥ずかしすぎるので遠慮しましたw
 

結局和栗にしました。
通常のモンブランに比べたらややお高いですが、
どうせそのうち両方食べるだろう、と思い、まずは見た目が好みの和栗から。
 
もってり重たそうなマロンペーストがいいですよね。
上にはマロングラッセと蒸栗が半分ずつ。
 

断面・・・ですが、あらら(汗)。
綺麗に食べにくいタイプのモンブランです・・・、とモンブランのせいにしてみる(笑)。
 
こちらのモンブランは、
洋栗系のように甘かったり、洋酒がガンガン効いていたりする「モンブランの味」を追求したものや、
和栗系のように栗らしさを前面に、というか全面に出しているものと違って、
ケーキとしての完成度が追求されたものだなあと感じました。
 
ペーストの口当たりや甘さは、栗らしさだとか甘すぎるだと以前に、食べやすい、と感じました。
食べやすいなーと思いながらクリームと合わせて味わったりしているうちに、
中からゴロゴロと栗が出てきまして、上に乗った栗のバランスも考えながら食べていたら、
こんなグチャグチャにw
 
またこんなにたくさん栗を入れているから若干値段が上がるんでしょうね。
 
チョコレートコーティングされたメレンゲはシナモン風味。
飽きさせない工夫、といったところでしょうか。
まあ個人的にはモンブランにこれは要らない気もしますが、
モンブランとして」ではなく「ケーキとして」の完成度を重視しているのだなあと感じた点でもあります。
 
以上、同世代女子二名の不穏な視線を受けながらのレポートでしたw
 
次はまたモンブランを食べに行こう。
それから最近ピスタチオのケーキって気になっていて、それも食べてみたいんですよね。
2個食べしちゃおうかな。・・・やめようかなw
 
トシ・ヨロイヅカ以外のお店でもいいので、
ピスタチオの味を一番味わえるケーキを教えてもらいたいです。

【広告】