lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「かとう」で金目鯛の西京焼き定食。

築地へ行ってまいりました。
築地場内初陣ですw
 
築地はどのお店に入るか迷ってしまいますね。
この日は春休み真っ只中だったこともあって観光客で溢れておりまして、
特にお寿司屋さんの行列はすごかったです。
 
僕はまあお寿司にはそこまで興味がなかったのですが、
穴子穴子天丼に惹かれたり、以前お邪魔した本種さんの海鮮丼も魅力的だったり、
散々迷いましたが、「銀ダラの西京焼き定食」というのが目に入りまして、
そういえば最近銀ダラは食べていなかったなあと、そこに決めました。
 
築地で魚の定食といえば、的な老舗だそうですね。
「かとう」さんです。
 

店内は狭いですが、店員の女性が忙しく動き回りながら常連さんを中心に細かく気を配りながら元気に声をかけておりまして、
なかなか活気のある「築地っぽい」雰囲気です。
 
お店の中のメニューを眺めると銀ダラの西京焼きはなくなってしまったそうで・・・。
今更出るわけにもいかず、代わりのメニューをチョイス。
 
満席の最後の一席に滑り込みで入れたので、料理の提供は結構待たされました。
お一人様にはやや寂しい時間ですが、ひとつひとつ丁寧に仕上げてらっしゃるのだなあと待ちました。
 
人気メニューはカキフライのようでしたねー。
 

金目鯛の西京焼き定食(1350円)。
金目も久しぶりに食べましたが、銀ダラよりも安かったですねー。
銀ダラってやっぱりかなり高級魚なんですね。
 
ご飯は少なめでお願いしています。
やや柔らかめですね。
1時を回っていたからかもしれません。
 
お味噌汁は熱々でした。
 

金目はこんな感じ。
結構大ぶりで迫力があります。
なぜか熱々ではなかったですが、皮目はバリッと香ばしく焼けていました。
 
味も思ったより薄めで、西京焼きというより煮つけを食べていると勘違いしてしまったような味付けでしたw
 
西京焼きだと思い出したのは骨を食べたときw
香ばしく美味しかったです。
 
途中でお茶を注ぎ足すのではなく、湯呑みごと新しくしてくれました。
熱々でした。
 

お漬物と小鉢のサトイモの煮物。
隣のカキフライのお客さんには厚揚げの煮物が出ていて、それが美味しそうだったので期待していたのですが、
頼んだメニューによって変えているようでした。
ほっこりして美味しかったです。
 
途中入ってきた常連と思われる「築地の人」っぽいおにーちゃんが連れの方に、
「俺はいつも金目の西京なんだよね」と言っておられるのを聞いてちょっと嬉しくなりましたw
 
お会計を済ませてお店を出るとき、ちらっと振り返ったら、店員の女性が僕のお皿を下げるところだったようで、
骨が無いのに驚かれていたような・・・。
 
次回は銀ダラも頂きたいですね。
骨までね。

【広告】