lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

自由が丘の「モンサンクレール」でセゾン・ド・ガトー(苺)、モンブラン。

この日は何となく遠出気分。
普段あまり足を向けない方面に行ってみようと思い、久しぶりに自由が丘へ。
 
何の気なしにモンサンクレールを訪れてみましたが、噂どおり休日のこの日はものすごい行列。
母の日ということも手伝って結局1時間以上並んでようやくイートインにこぎつけました。
暇人ですw
 
趣味が悪いかもしれませんが、並びながら周りの会話を聞くのもなかなか楽しかったですw
 

ちょっとサービスの悪さを露呈される一幕もありましたが、ようやく座った席に感慨もひとしお。
 
チョイスしたケーキを待ちます。
 

セゾン・ド・ガトー(400円)、モンブラン(420円)。
個人的に値付けが絶妙な気がしますw
 
色々食べ比べる中で、このお店も基本になる一つだろうなーと思ったので来てみました。
 

ショートケーキの上に苺が乗っていないことを除けば、どちらもシンプルでオーソドックスな外見です。
 
母の日に一人でケーキです。
ショートケーキに飾られた「Mother's Day」が哀しいですね。
 

まずはセゾン・ド・ガトーから。
ちょこんと飾られたシロップが可愛いですねw
 
季節毎に旬の果物を使うというこちらのケーキ。
苺の季節にいただいておきましょう。
 
こちらの生クリームはふわふわというよりややとろっとした感じ。
粉糖がまぶされている上の生クリームは若干甘さがありますが、サンドされている方は甘さ控えめ(無糖?)。
 
スポンジはふわふわですが、卵の風味はそんなに感じないなー、、と思っていたところ、
底の方のスポンジにカスタードクリームが挟まれていて、そこで濃厚な卵の味わいを楽しめます。
 
苺はやや酸味のあるもので、量としては少なめな気もします。
 
いやしかし、生クリーム、スポンジ、カスタードクリームの組み合わせはかなり好みでした♪
 

続きましてモンブランです。
マロンクリームの色が薄めで、見るからにクリーミーですね。
 

ちょっとグチャグチャで恐縮です。
マロンクリームがやはりとてもやわらかで、どうしてもこうなってしまうんですよね。
生クリームもとても軽いです。
マロンクリームと生クリームはどちらもとても軽く、クリーミーさを感じるだけです。
それに対して中心に鎮座するマロンペーストはラム酒を効かせた濃厚なもので、
これでモンブランらしさが出てきます。
 
ベースはメレンゲ、こちらのケーキにしては意外にも甘すぎなかった気がします。
 
マロンペーストはラム酒が効いて結構重めですが、
周りのクリームが軽いので全体としてはモンブランにしては食べやすいものかと思います。
 
とまあ二つケーキを食べたわけですが。
今更こんなことを言っても信じてもらえないでしょうけど、
子供の頃からケーキを食べるなんて誕生日とクリスマスくらいの家で育ってきましたので、
一日に二個も食べてしまうと結構キますw
 
しばらく甘いものはいいかなーとも思いつつ、せっかくここまで来たのだからもう一軒くらい行ってみるかなーとも思い、さまよいます。
 
続く。

【広告】