lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「高はし」でさわら煮付け(カマ)、とり貝刺身(新物)。

3月6日(土)、夜は楽しいイベントが控えたこの日、朝は高はしさんからスタートします。
この日は築地全体としては人が多かったように思いますが、高はしさん前はここ最近では1番控えめでした。


シャッターが開きまして、ギリギリ1周目で着席。
この日で終了の目玉メニューがさすがの人気で、ズラッと並んでいたのが気にはなりましたが僕は別のものを。


とり貝刺身(800円)。
「新物」という表記に惹かれて注文。
この週末はグッと暖かくなって、貝の旬である春がやってきたといっていいかもしれませんね。


キラキラと黒光り。
磯の香りはやんわりで甘みが強め。

生海苔が別のものになったような気がしましたが、今回たまたまかな?


さわら煮付け(カマ)(1700円)。
高はしさんの煮付けの中でもお気に入りの魚のひとつ(かなりたくさんお気に入りはありますが)。
今回は身とカマと選べたので、カマでお願いしました。


カマの魅力は脂乗りと、バラエティに富んだ食感。
このあたりから突き始めましょうか・・・


エッジの効いた身はほくほく、湯気はもくもく。
こちらからいただきましょうか(^^)?


中は真っ白。
じゃあ味がないかというと、カマらしく多めに入った脂の味が濃いのなんの。

煮汁に味を加えるほどの脂です。


恥ずかしながら、煮魚の煮汁は飲みきらないことも多いのですけど今回はサラッと。

もう「寒鰆」とはいえないかもしれませんが、まだまだサイズも十分、脂もしっかり。
とっても美味しかったです!
ごちそうさまでした!

そして色々楽しかったですー♪

【広告】