lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「高邦水産」でかにパン。

最近みなさんのブログで拝見することの多かった、築地の新名物(?)をいただくことに。
 
いつかめぐり合わせのいいときに食べればいいかな・・・くらいに思っていましたが、
そのうち「簡単には購入できないレアメニュー」くらいになってしまいそうで、ちょっと焦りを感じたのですよね。
 
高邦水産。
築地魚河岸1Fでカニを中心に置いている店舗です。
 
早めの時間に伺って「お目当ての商品」が何時ごろから購入できるか伺うと、
「仕込みがあるから早くても8時くらい」とのこと。
 
というわけで8時過ぎにもう1度お邪魔してみたら、無事に用意していただけました。
 
おしゃれなボックスに入っている、と噂には聞いていましたが、全然入りきっていませんでした(笑)。
 
お店の方が、注文を受けてから丁寧に作って丁寧に梱包してくださっていましたが、
"ツメが甘かった"ようです。
 
カニだけにね。
 
かにパン(1000円)。
 
お店で蒸し上げたズワイガニのフレークを自家製のマヨネーズで和えて、
アーリーレッド、アボカド、カイワレを添えたサンドです。
 
華やかそうで実は結構地味、おしゃれそうで、実は結構がさつなビジュアルですね。
 
これだけ雑然としているので、遠慮なくガッツいていただくことにしましょう!
 
と、包みの上からは分かりにくかったのですけど、食パンは1枚だけでオープンサンドスタイルなのですね。
 
以前いただいた、同じく築地場外の気まぐれ屋さんもこのスタイルでしたね。
確か「築地で働く人たちが作業しながら片手で食べられるようにこの形にしてある」と聞いたことがあります。
かぶりつきながらターレを運転している河岸のみなさんを想像できる気がしますね。
 
"自家製マヨネーズ"とのことですが、フレンチドレッシングをイメージしていただいた方が分かりやすいかも。
レモンの香りがさわやかで、さっぱりとした味わいがカニ身ともよく合っています。
 
カニは「北海道産の他にアメリカやロシアのをミックスしてる」とのことでしたが、
みなさんブログ等で書かれていますが、特に水っぽさや安っぽさもなく、
ほどよく締まりがある食感、雑味のないいい味だったと思います。 
 
イメージ 7
パンは専門店ではなく量産品なのかもしれません。
さっぱりしたカニサラダに対して、パンにこれだけの厚みがあって、"それなりの味"が主張してしまっているのがちょっともったいなく感じられました。
 
とはいえ、ちゃんとしたカニを使うところに原価をかけていらっしゃるのが明らかですし、
こういうものと受け止めた方がよさそうですね。
 
毎朝店内でカニを蒸して、手作りで用意していらっしゃるところも好感を持てますしね。
ちょっと丁寧すぎて、1人しかいない店員さんが僕のかにパンを作るのに5分以上かかってしまっていたので、
オペレーション的にこれから続けていける商品なのか心配にはなりました。
 
現在は30食限定で売り切れも早そうなので、気になる方はぜひ計画的に挑戦してみてください。
 
そして、すでにかにパンを紹介されているみなさんの記事もぜひご覧ください!
・「高邦水産(かにぱん)@築地駅」 - ニクQ通信 ~ねこむランチは週休2日~
・「築地場内『小田保』『センリ軒』『弁富』『愛養』。(2017.3.18土) 」 - ハートランドの「のみのみくいくい」
・「築地 高邦水産」 - 楽食備忘録
・「かにパン(築地市場 場外・高邦水産)」 - 今日も朝から千鳥足。。。

【広告】