lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「KOTOBUKIフーズ」でナポレオン、ルブローションフェルミエ、カルヴァドス。

この次の週末は会社の社員旅行で買いに来られないので、買いだめでちょっと多めにチーズを購入。
といっても定番ばかり購入したので紹介するのは少しだけ。


ナポレオン。
フランスの羊乳のセミハードチーズ。
コンテやグリュイエールにも近いですが、グレーがかったクリーム色。


やや塩気が立っているものの、ナッツのようなコクとマイルドな甘みが穏やかな味わい。
高級なチーズってクセが強いものが多いイメージがあるのですけど、こちらはとても食べやすいチーズでした。

12,000円/kgを超えます。
いつもは「値段に見合わない」「この値段で買うならコンテとかグリュイエールを買うべき」とおすすめされないのですが、今回の玉は最高の出来と勧められたので珍しく購入してみました。
オススメの通り抜群に美味しくて、ナポレオンのイメージが変わりました。


ルブローション・フェルミエ。
「再び搾る」を意味するルブロシェから付いた名前のチーズ。
生産したミルクの内一定割合を領主に納めなければならなかった酪農家が、ミルクの生産量を誤魔化すために領主に納めた後に「再び搾」ったミルクで作ったチーズなのだそう。


僕はいつも大体ガワも食べてしまいますが、これは食べない方がいいよと教わったので取り除いていただきました。
(ちょっと食べましたが、シャリシャリした食感が良かったのは内緒。)


見た目に分かる通りウォッシュ系ではありますが、同時に圧搾して水分を抜いたセミハードでもあるのだそう。
室温に置くと柔らかくなりますが、ウォッシュ系と違ってドロドロにはならず「ふにふに」といった感じ。

香りにクセは感じませんが、ちょっと苦みがあるのでそこで少し好みは分かれるかもしれません。


チーズの正式名称は失念。
何度か購入していますが、まだブログには載せていなかったようです。

林檎の蒸留酒カルヴァドス」に漬けたパン粉をまぶしてあって、口にすると林檎の甘い香りが鼻に抜けます。


ミルクの甘みと、こちらもちょっと苦み。
そこへフルーツの甘みとちょっと大人っぽいお酒の香りが入ると、単純な足し算ではない膨らみが感じられます。

これはお酒に合うのではないかと、想像しています。

今週もいいお買い物ができました。
ありがとうございました!

【広告】