lockandgo65

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

中華街の「南粤美食」で丸鶏の塩蒸し焼き、空芯菜の炒め、スペアリブの炭火焼。

新店も開拓してみましょう、ということで次のお店は・・・


南粤美食さん。
2016年6月オープンの、広東料理のお店。

品数は絞られていますがそれでいて他店にはないメニューが並んでいたりして、ちょっと異彩を放つ存在かも。

「オープン当初はお店の方の日本語が拙かった」
なんていうエピソードも、期待が高まる要素になる雰囲気です。


混んでいて入れないかと思いきや、2階席もあるとのことでこちらも並ばずに着席。
名物メニューを中心に注文を決定します。


丸鶏の塩蒸し焼き(半羽)(690円)。
まず登場したのがお店の名物のこちら。

ちょうど2倍の価格で「1羽」というのもあって、

「足りなかったらもう半羽頼みましょう」

という気持ちで頼んだところ「半羽」で十分なボリュームでした。


注文時に店員さんから「結構しょっぱい」と聞いていましたが、
なるほど、なかなか。

身は締まっていますが固くなりすぎず、
乾いた皮と、その下のトロッと融けた脂のコントラストが、体験したことのない食感。

乾物を食べているのにも近い感覚で、とても面白かったです。
じわじわみなさんクセになってきて、この日イチだったという声も。

持ち帰りも出来るそうなので、その辺りも気になったほどでした。
 

空芯菜の炒め(780円)。
「季節限定」と書いてありましたが、この日は注文できました。

ストローのようになっている空芯菜特有の形状でジャッキリ、ジャッキリといただきます。

味は中華街らしからぬ「よくある塩炒め」な味付けで逆に新鮮でした。


スペアリブの炭火焼(780円)。
「ごっつい骨丸ごと出されたら5人で分けにくいなあ」と不安半分で注文しましたが、全く問題ありませんでした♪

甘さが勝った味付けで、香辛料もそれほど感じませんでした。
クセがなくて食べやすいといえば食べやすく、これも逆に個性になっているかも。

期待を裏切らない「個性」がありました。
今回で満足、というよりも「また来たい」と思わせてくれるお店だったと思います。

丸鶏の塩蒸し焼きは次回もいただきたいな!

【広告】