lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

荻窪の「ねいろ屋」で完熟うめ、香緑キウイ。

荻窪に来たらやっぱりねいろ屋さんにもお邪魔することに。
 
前日、某かき氷屋さんと「果物はちょうど端境期ですよね」という話になって、逆にどんなメニューが出ているか楽しみにしていました。
 
この日のメニューの主軸は梅で、他にも数種用意がある感じ。
 
売り切れているメニューもあって、ほぼ迷わずに注文を決められました。
 
完熟うめ(1200円)。
 
和歌山・中松梅園さんの梅で、市場に出回ることのない完熟モノなのだとか。
 
「梅ってどんな色だろう」と待ちながら考えていましたが、結構しっかり黄色でした。
 
プラムみたいなイメージですね。
 
パッと見、シロップが少なめかなあとも思ったのですが、何もかかっていないように見える透明のところも結構酸味を感じました。
 
油断も隙もあったもんじゃありません。
 
梅シロップ作りで漬け込んだ梅のような、熟成感のある甘みが出ていますね。
 
後から青梅にも近い爽やかに唾液を誘う香り。
 
そして酸味でキューッと口を絞られるよう。
 
暑い日にさっぱりした後味が嬉しい1杯でした。
 
香緑キウイ(1200円)。
 
小林果樹園の国産キウイ。
香緑キウイは、甘みが主体の味わいなのが特徴ですね。
 
ふるりと舌の上に厚みのある食感。
 
続いて種がきゅきゅきゅっと歯にかかります。
 
輸入のキウイばかり食べて育った僕のイメージからいうと、驚くほどまろやかな味わいですが、残る香りは確かにキウイ。
 
キウイ以上に濃いキウイの香りが残ります。
 
重みのあるソースに飲み込まれるようにシュァーっと一気に融ける氷。
 
最後に種が残って、やっぱりキウイ感。
 
"かキごウイ"ともいうべきかき氷でした。
 
端境期でも安定して充実のラインナップでした。
これから桃が始まったり、夏のフルーツも楽しみにまた伺いたいと思います。
ごちそう様でした!

【広告】