lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

銀座の「カイバル」でカイバル グリーンサラダ、チーズクルチャ、牡蠣の炭火焼、マトンカレー パンチホロンの香り、ムング豆と青バナナのカレー、築地の「ターレットコーヒー」でエスプレッソ。

池袋で楽しく過ごした後は銀座へ移動。
先日訪問したダバインディアですっかりスパイス付いてしまったので、系列店のカイバルを再訪することにいたしました。 
 

お昼時ではありましたが、店内は2~3割ほどしか埋まっていませんでした。
中通りがかったダバインディアは10人近く並んでいるように見えましたが、こんなに差があるのですねえ。
 
とんとんとんっとアラカルトで注文。
そして空いていることもあってか、とんとんとんっと出てきましたよ。
 

カイバル グリーンサラダ(680円)。
グリーンサラダの時点でその辺のインド料理屋のそれとは一線を画するものですが、そこに加えてパニール(モッツァレラ?)にドライあんず。
さっぱりとしたドレッシングも自家製かもしれません。
 

チーズクルチャ(ハーフ)(420円)。
名物の一つのこちら、ハーフで頼めるのがいいですね。
 
チーズ溢れすぎですし。
 
チーズがこぼれないように取り皿に・・・
 

チーズが・・・こぼれないように・・・、 
 

チーズが生地に勝っています・・・(笑)。
 
ハンパない量のわりに、思ったほどチーズのパンチは重くない印象。 
チーズクルチャの入門編にはいいと思います。
 

カキの炭火焼。
タンドール料理にも炭火は使っていると思いますが、あえて「炭火焼」という名前にするあたりタンドール調理なのやらどうやら。
 
や、タンドールでしょうね。
 

クリスピーにマリネ液をまとっています。 
 

想像に反してレアな仕上がり。
ぷりゅぷりゅちゅるん。
 
むしろもっと火を通した方が味が濃くなる気もしましたけど。 
食感は抜群、生カキよりも滑らかに感じられます。
ブラックペッパーとパルメザンチーズインパクトのある風味に。
 
こんなカキ料理は食べたことがないです。
 

タマリンドソースは甘みの心地よいケチャップのよう。
見た目で身構えるような辛味はありませんでした。
 

マトンカレー パンチホロンの香り(1430円)、ムング豆と青バナナのカレー(1320円)、ナン(380円)。
 

マトンのカレーは繊細で香り高いベンガルのスパイスミックスを使用しているとのこと。 
一時的なホットさはありますが、あとを引くことはない程度。
 

牛筋のようにゼラチン質の部分もあり、がっしりした口当たりながらほわっとほぐれるのが独特。 
 

ムング豆と青バナナのカレーはほくほくクリーミー。 
 

青バナナはじゃがいものようなほっこりした食感ですね。
 
どの料理にも言えるのは、スパイス感が少し物足りないかも。
前回のダバインディアが素晴らしすぎたのかもしれません。
ただタンドール料理の加減は絶妙、他のメニューも試してみたくなりました。
カレーもまだまだ豊富に種類がありますからね、色々食べたいです。 
 

エスプレッソ(360円)。
食後はふらふらターレットコーヒーへ。
築地市場まつり上がりのみなさんと遭遇しましたよ(笑)。
 
こちらのエスプレッソはインド料理よりよっぽどガツンと来ます(笑)。
たまにはいただかなくてはね。
 
このあとふらふら散歩していたらY花のKさんにお会いする幸運も。
いやいや、楽しい一日でした。

【広告】