lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「高はし」でかます塩焼き。

9月9日(金)、この日はお昼過ぎにやってまいりましたが、平日にも係らずどこも行列行列。
たまたまチーズ屋さんが空いていたのでご挨拶で少し寄った・・・つもりが気付くとすごく長居してしまいました。

慌てて高はしさんへ。


営業時間ギリギリアウトの時間でしたが、常連さんのご厚意で、
「この人来てますけど」
と中に入れてもらい、
「いいよ」
と快く受け入れていただけました。

ありがとうございますー!

残った数少ないメニューから、1番サッと食べられそうなものを注文。


かます塩焼き(1500円)。
東のさんま、西のかますとして、秋が旬の魚の代表格の1つです。

写真では上手く表現できていませんが、太さもまあまああります。


チラッと写ってギラッと光っていますが、かますは歯が鋭いのですよね。
古くは「蛇に似ている」と言われていたそう。

調理するときや「食べる」ときはよく気を付ける必要があります。


かます自体の黄色みを帯びた皮目が香ばしく焼き上がって食欲を誘うグラデーション。
脂の焼けた香りがプンと鼻に侵入してきたところで我慢の限界!いただきます!


この日は一夜干しになっていなかったのではないかと思いますが、しっかり水分が抜けて凝縮した食感と味わいに仕上がっています。

脂の香ばしさを裏切らない味の濃さ。


というわけで「かます」でした。

遅い時間に失礼しました!
ごちそうさまでした♪

【広告】