lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

荻窪の「吉田カレー」で甘口、豚、中華アチャールW、チーズ、バナナのっけ。

2月10日(土)、午前中に鹿児島から戻って、そのまま荻窪へ直行。
 
前日の伊場カレーさんに続いてこの日は吉田カレーさんへ。
 
「鹿児島行かれていましたね。羨ましいです」
 
こちらからは何も言わずとも、伊場さんは吉田さんの話を、吉田さんは伊場さんの話を。
羨ましく思っているのはこっちです!と言いたくなるほど、相互にリスペクトを感じるお2人の関係性なのですよねえ。
 
甘口、豚、中華アチャールW、チーズ(1550円)。
 
トッピングは伊場さんオマージュ的な気分で豚と野菜多めな感じにしてみました。
 
…?
 
気のせいでしょうか。
いつにも増してバナナ感が強く出て感じられます。
 
例えるなら、野球選手が絶好調だったり、集中が高まったり、いわゆるゾーン"に入ったときに「ボールが止まって見える」なんて言ったりしますが…
 
バナナが見える気がします。
 
きっと伊場カレーさんと2日続けて食べることができたので、この日の僕は絶好調だったか、集中力が高まるか何かしていたのだと思います。
 
何でしょう、カレーと一緒にバナナを食べている感覚とでも言いましょうか。
南国の甘い香りと濃厚な食感が感じられるのですよね。
 
これは完全に入ってしまいましたね、"ゾーン"。
 
中華アチャールは、容器に残り少なだったからか、妙にスパイスがたっぷりでパッチパチパッチパチと口の中で弾けました。
 
これはラッキー。
 
色々に覆われてよく見えませんが、チーズは「モチモチ」した食感を楽しめるほどに量があります。
 
豚に対して絡みまくり。
 
さらにカレーを絡めて。
 
得も言われぬ濃厚で滑らかな舌触り、カレーの香り、チーズの香り、豚のコラーゲンの香り。
これは何とも贅沢でした。
 
1月はお店がお休みされていたので、今回が新年初訪問でした。
 
トッピングによって結構イメージの変わる吉田カレーさんですが、今回はなかなかいい組み合わせに出来た気がします。
次回はキーマを中心に組み立てようかな、と思い描きつつ、ごちそうさまでした!

【広告】