lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「KOTOBUKIフーズ」でカブリオンさくら、ゴルゴンゾラ・ピカンテ。

高はしさんを出た後は恒例のコースでお買い物。
もちろんチーズも購入します。

「面白いのがあるぞ!」と出していただいたのは、こちら。


カブリオンさくら。
フレッシュな山羊のチーズ、シェーブル・フレを桜の葉で包んである、久田さんオリジナルの商品だそうです。

馴染みのある桜の葉の香りが、しっかり。


クリーム状のチーズですが、シェーブルらしくちょっとポソッと乾いた感じあります。
食べるとかなり酸味が強くて、桜の和の香りと合わせて梅干しなんかを思い出しました。

こんな酸味のあるチーズは久しぶりでした。
チーズは他の食材と合わせる楽しさがありますけど、この桜の葉の強めの香りも面白かったです。
他のチーズにも合わせて見たくなりました。

1つ1,500円くらいでした。


ゴルゴンゾラ・ピカンテ。
フランスのロックフォール、イギリスのスティルトンと並んで世界三大ブルーチーズのひとつ。

ゴルゴンゾーラには、マイルドで脂肪分が多くクリーミーな「ドルチェ」もありますが、こちらは青かびが多く塩気の強めな「ピカンテ」。
こちらの方が、固さの面でも水分が抜けて締まった印象を受けます。
「ドルチェ」は甘口、「ピカンテ」は辛口の意味だそうです。


写真右寄りの縦に入った直線は、チーズの製造工程で酸素を中に入れて青かびを広げるためのもの。
この青かびは空気に触れさせると増えるので、購入した後も油断するとグッと増えて風味が強烈になるので注意が必要です。
味がきつくなったら料理に使ったりするのもいいですけどね。

いつも評価が「ピカンテ」なご主人が「今日は状態が抜群にいい」というお墨付きでしたが、シャープな塩気、すっきりとしたミルク感、切りたての木材のような温もりのある香り。

ドルチェや他の三大ブルーチーズも久しぶりに購入したくなりました。

【広告】