lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「米花」で身欠きニシンの有馬煮、フグ汁。

ランチはフレンチの予約をしていたのでちょっと迷いましたが、いい気分のまま米花さんへ移動。
 
「遅いのね!どうしたの?」

この天気で!

「ああ」

お寿司屋さんが空いてまして!

「何だよ!」
 
ニシン。
米花さんでは頻繁に登場した時期もありましたが、ちょっと久しぶりのような気がします。

甘辛な味付けで、山椒をたっぷり効かせてあったので、有馬煮と呼べばいいかな?
 
ギュッと締まった身に詰まる旨み、よく膨らんでトロッとした皮目。
 
節分、立春を迎える週末でしたから、春告魚をいただくのにもってこいのタイミングでしたね。
 
大根は水分の抜けたのを漬けたのでしょうか。
コリコリして、これ結構好きなのですよねえ。
 
フグ汁。
この日は何がメインとも決め難かったですね。
 
丼いっぱいにフグ、白菜、ねぎ、しいたけ、豆腐と具沢山。
 
寿司大さんでもアラ汁をいただいていたので、こりゃあお腹たぷたぷだなあと思っていると……
 
まさかのお味噌汁が(笑)。
 
こんな風にしてフグをいただくのは初めて。
開き干しになったものなのかな?
 
薄ピンクの身は、ちゅるとろっと個性のある質感。
フグのお出汁と、野菜から出た甘みも力強く主張がありました。
 
というわけで、寿司大さんの並びで多少身体が冷えていましたが、すっかり中からぽかぽかに温めていただけました。
米花さんはお出汁が美味しいので椀物にハズレがありませんね。
 
大満足です!ごちそうさまでした!

【広告】