lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

食べ歩きの記録です。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

米花

豊洲の「米花」で焼き鳥。

10月26日(金)、移転後3回目の週末を迎える豊洲へ。 まずは米花さんに伺います。 焼き鳥をお願いして、見知ったみなさんとお話しながら待ちます。 お店にとっては悩ましいところですが、朝の客入りが落ち着いているせいで比較的ゆっくりお話できるようになっ…

豊洲の「米花」でうな重。

10月19日(金)、ちょっと雨降りの中を豊洲へ。 米花さんに伺います。 まだ100%営業ではないようで、7時からメニューを絞っての営業中です。 うな重(3500円)。 豊洲では屋内店舗になったため炭火を使えなくなってしまった看板メニューをうなぎを初実食。 表面…

豊洲の「米花」で鳥丼。

続いて同じ水産仲卸棟の米花さんへ。 1番奥まった角にお店はありました。 うなぎ米花。 うなぎ屋さんにとって「炭火が使えない」というのは大きな変化ですが、ガス火で美味しく仕上げる方法を模索されたよう。 僕個人的にも、いままで食べたうなぎで1番気に…

築地の「米花」でうなぎ白焼き。

9月29日(土)、翌週火曜日、10月2日が米花さんの築地最終営業ということで、僕が伺えるのはこの日で最後になりました。 「入店を拒否されることもあるらしい…」と恐る恐るお邪魔した初訪問。 忘れもしない「カマス食う?」と食べさせていただいて嬉しかった2…

築地の「米花」でマグロ刺し盛り、天ぷら盛り合わせ、酢の物、ホンビノスのお吸物。

9月28日(金)、いよいよ、という空気の張り詰める築地へ。 中でも米花さんは、10月2日で築地での営業を終えるということで、もう本当にいよいよです。 でもお店に入るといつもの調子。 やはり話題は豊洲の話。 もう移転是非の云々ではなくて、どうやって行き…

築地の「米花」でまぐろ刺身盛り合わせ、ししとう・がんも・ひじき煮。

9月21日(金)、しっかりめに雨の降っていたこの日、金曜のルーティーンになっている高はしさんがお休みということでどうしたものか…と考えながら、やっぱりまずは米花さんへ。 「雨降ってんの?今日はダメだな~」とJさん。 とはいっても、この時期にはもうす…

築地の「米花」でまぐろ刺身、じゃがいもと大根と鶏手羽元の煮物。

続いて米花さんへ移動。 早速トントン拍子でまぐろが登場します。 この日のまぐろは、いつもよりちょっといいモノのよう。 それを米花さんらしく1枚1枚豪快なカットですねえ。 Jさんがいつにも増して「今日のまぐろはいいんだ」とお話しされていました。 切…

築地の「米花」で手羽元唐揚げ、茄子炒め。

9月7日(金)、前週は人をお連れしたので、Jさんにお礼を申し上げつつ入店。 9月に入ったことと関係あるかどうか分かりませんが、ハロウィーンのカップ。 例年ならここからハロウィーン、クリスマスと米花さんらしい内装が真骨頂を迎えるのですよね。 今年はも…

築地の「米花」で新さんま塩焼き、ピリ辛ラタトゥイユ。

8月31日(金)、2日連続で米花さんへ。 前日お連れした方に満足いただけたお礼と、Jさんの写真を何枚かパシャパシャと。 www.lockandgo65.jp そしてコレ!この日はJさんがTwitterで新さんまが出そうなことを告知していらっしゃったのですよね。 予告通り! 豊…

築地の「米花」で刺身盛り合わせ、茄子揚げ浸し、ホンビノス味噌汁。

8月30日(木)、この日は人をご案内して米花さんへ。 到着時は満席でしたが、既に食べ終わっていたいつものみなさんに譲っていただく形で着席できました。 どんどん出てきてこんな感じに。 お連れした方は、米花さん初訪問定番の海鮮丼を注文。 大皿で大きな茄…

築地の「米花」で刺身盛り合わせ(まぐろ、トリ貝、タコ)、手羽煮、茄子味噌。

8月24日(金)、Jさんは毎週何かしらハマっているワードがあって、ツイッターを拝見していると大体予想が付くので心の準備をして伺うのですけど、この日はいきなり、 「メソポタミアな!」 と言われてちょっと固まってしまいました。 台風の影響で雨風の強かっ…

「人間、謙虚でいなきゃいけないよ」ジローさんと米花のこと。

「移転の前に、米花に行ってみたいんだけど」 相談を受けるとき、続く言葉はこう。 「ジローさんって、怖い?」 ジローさんは、築地場内の魚河岸横丁にある「うなぎ米花」を切り盛りする米花兄弟の弟さんの方。 7ヶ国語を操って外国人観光客をも虜にする個性…

築地の「米花」で豚・鶏唐揚げ、茄子味噌、鶏肉と春雨の煮物。

8月17日(金)、築地の夏休み明けだったこの日。 こういう日の朝は魚が入っていないので、お店は大変なのですけど、まことに勝手ながら何が出てくるか楽しみではあるのですよね。 案の定、米花さんも「今日は海鮮丼できないよ!」と仰っていました。 夏休みの…

築地の「米花」でつくねの親子煮、タコと赤貝の酢の物、茄子味噌。

8月10日(金)、米花さんは朝イチから豊洲のアクセスの話。 新たな環境になるというバイアスを差し引いても、豊洲はなかなか近くて遠い場所にあるイメージですよねえ。 茄子味噌とお新香。 胡瓜、大根、茄子、茄子。 茄子味噌はいつもよりやや辛めな仕様だった…

築地の「米花」でマグロと鶏の竜田揚げ、茄子の煮びたし、キュウリとオクラとタコと鶏肉の酢の物。

続いて米花さんへ。 ご挨拶して、寿司大さんに並んでいたご報告など。 さっそく登場したのは、この2皿。 夏っぽいといいますか、ビールっぽい並びです。 先日はまぐろの竜田揚げですが、今回は手羽先! と思いきや、下にはやっぱりまぐろもあって、さらに食…

築地の「米花」でまぐろ・タコ刺身盛り合わせ、茄子煮びたし、ひじき煮。

7月27日(金)、嵐の前の静けさのように忍び寄る台風に、そわそわしていたこの日。 いつも通り米花さんへ。 台風や腰痛の話で盛り上がりつつ、お料理を待ちます。 まずは小付けとお新香。 夏の米花さんらしい風合いですね。 茄子の煮びたしが2本。 皮の感じか…

築地の「米花」で土用のうなぎ。

7月20日(金)、土用の丑の日だったこの日。 うなぎを食べるのが一般的のような風潮がありますが、「う」のつくものを食べて精力を付けましょう、ということでいいようですから何を食べたものかと考えていたのですよ。 それが米花さんに入ると、 「65くんもう…

築地の「米花」で親子すき煮、米茄子田楽。

続いては米花さんへ。 やはり本降りになった雨が話題の中心で、河岸の客足や、各地の漁への影響なんぞ。 つつがなく最後の築地を過ごしたいところですが、歴史的に短い梅雨などどんな夏になるやら。 夏も楽しみな食材が目白押しですけどねえ。 米茄子田楽。 …

築地の「米花」でまぐろと青柳のぬた、米茄子田楽。

6月29日(金)、訳あって一晩中走り回った夜が明けて、築地へ。 お腹が空きすぎて、最初に食べるのはお新香しか考えられないような心境だったので、米花さんへ。 物議を醸したW杯ポーランド戦のボール回しなどで、物議しながらお料理を待ちます。 まず出てきた…

築地の「米花」で深川丼、茄子と甘長唐辛子の山椒炒め。

6月22日(金)、この日はお店に入るとJさんの髪色が金色に。 気合いが入ったらしいです。 この後たまたまお店を覗いて行ったお客さんが、金髪のアジア系のお姉さんだったのですよね。 その方がいなくなった後、Jさんが「今のコ、アジア系だよな?金髪は地毛じ…

築地の「米花」でつくねの親子煮、ひじき煮、茄子とズッキーニの炒め。

6月15日(金)、例によって築地市場内の魚河岸横丁8号館にあるうなぎ専門店・米花さんへ。 (たこつぼ化してきているのでたまには丁寧に説明)。 12日にシンガポールで行われたビッグイベントと、14日からロシアで始まったビッグイベントの話で盛り上がります。 …

築地の「米花」で焼き鳥(身・レバー)、ホタテとカブのコールスロー。

6月9日(金)、前日は結構遅くなってしまいましたが、金曜朝は築地・米花さんへ。 Jさん曰く、この日のお茶は「濃いめ」なのだそう。 「暑い日はね、こんくらいがいいのね」 ふふふ、前に寒い日にも同じような言い回しを伺った気がします。 そして料理がトント…

築地の「米花」でレバニラ、まぐろ赤身、きゅうりとわかめの酢の物。

6月1日(土)、幸せいっぱい、お腹いっぱいなディナーから一夜明け。 案外スッキリ目覚めて築地へ。 サッパリした2品から。 さすがに空腹感は浅いのでありがたいです。 きゅうりとわかめの酢の物。 さらにはじかみまで入って、爽やかさの凄み。 お新香は茄子、…

築地の「米花」でチンジャオローナスー、月見とろろ他。

5月25日(土)、世の中的には某首脳会談開催の雲行きが怪しくなっていたこの日。 築地的には、前日観光にやってきたというベッカムさんの話題一色でしたね。 あちこちのお店でお話を聞きましたが、一様に「気さくでいい人だったらしい」という感想なのが印象的…

築地の「米花」で唐揚げ・茄子・ピーマンの甘酢、ニラ玉、松茸ご飯。

5月18日(金)、朝からジリジリと暑さを感じるようになったこの日。 米花さんにお邪魔するとJさんが「スマホってどんくらいもつの?2年?」と買い替えをご検討中。 「ツイッターだけできればいいんだけどよー」だそうです(笑)。 そうこうしているうちにお料理…

築地の「米花」で焼き鳥(つくね・レバー)、しらたき煮(肉・玉ねぎ)。

5月11日(金)、「おはようございま~す」と米花さんを覗くとJさんが「いいよ~」と招き入れてくださいました。 と着席したはよかったのですけど、厨房を覗きにいったJさんが「あれ?誰もいねーの」とのこと。 こういうときは大抵「ちょっと待っててネ!」と待…

築地の「米花」でまぐろ(赤身・中トロ湯霜)・キビナゴ・帆立・赤貝のぬた、キャベツのスープ煮。

4月27日(金)、ザギンのシースーから一夜明けた朝。 無事に起床して米花さんへ。 ご挨拶して着席。 この週は「お酒には気をつけましょう」という空気が日本を覆っていたので、そんなお話にもなりましたねえ。 「すっみっそ~~!全部酢味噌で食ってね」とJさ…

築地の「米花」でまぐろ赤身・赤貝刺し盛り、しらたき煮、焼き茄子。

4月20日(金)、お店に入るとJさんが最近召し上がったという"とんかつ"の話に。 「スゲーでけーのな!ランチとんかつでも俺には多かったゼ!」 でもとても美味しかったようで、お話を伺っていて僕も食べたくなってきてしまいました。 そうこうしているうちにお…

築地の「米花」でタカアシガニ、カニミソ、鶏レバー煮、昆布煮。

寿司大さんを出たらいつものコースに戻って、米花さんへ。 「今日はスゲーぞー!」とJさん。 続々お皿が出て来ます。 何やらモリモリ盛られた1皿。 手前は鶏レバーと玉ねぎを、米花さん定番の「すき煮」風調理で。 寿司大さんでふぐ白子、あん肝といただいて…

築地の「米花」でまぐろ赤身、中トロ2種盛り、たけのこご飯、野菜煮、お新香、お味噌汁、漬物。

4月6日(金)、前日の幸福感の抜けきらない朝でしたが、いつも通り目が覚めて、いつも通り築地へ。 そして、いつも通り米花さんへ。 そしてそして、いつも通りに豪華な朝ごはん。 まぐろ刺身2種盛り、たけのこご飯、野菜煮、お新香、お味噌汁、漬物。 まぐろ2…

【広告】